« 反論 | トップページ | 珍現象 »

あぶないなぁ

仕事から帰ってこのコラムを書き、寝て起きてから一回、仕事中に3回携帯から

へんてこコメントを削除する。中身は読まないが「死ね」とか「殺す」なんて文字は

否応なしに目に飛び込んでくる。それでもほとんど前後の文章はよまないが、

身に危険が迫っているような錯覚に囚われる。でも無視。

つい先日仕事で江戸城界隈を走り回った。

千鳥ヶ淵の桜はさすがに圧巻。武道館の大きなタマネギも久々で見とれる。

でももっと驚いたのは江戸城前の「広さ」

こんなに広かったっけ?(笑)

耕さんの広域避難場所兼公園プランも良いけれど、ここに普天間の一部を

移転してくればいい。住居は堀の中に一杯あるぞ。

沖縄の苦労を身をもって知ることが出来るだろうって。

滑走路も簡単にできるな、ここなら。

もっと良いプランは堀の中に原発を作ってしまうことだ。

冷却水ならいくらでもある。

絶対安全というなら問題ないではないか。莫大な交付金を払わないで済むし

一石二鳥だ。どお?

今、クラシックと同じくらいの時間を割いて川嶋あいの曲に没頭している。

http://www.youtube.com/watch?v=2GtVO9sdCaA&feature=fvw

(ブラウザの戻るボタンで。全部閉じちゃうから^^)

アルバムのどの曲も素晴らしい。唄もとっても上手く純粋な歌詞に涙溢れる^^

それだけでも充分なのに、この子の生い立ちまで知って更に応援したくなってしまった。

出生時、父親は失踪中(今も)

生母も3歳の時病死。

川嶋家に引き取られ成長するが心の傷はいかんともしがたく内気な性格に。

養母のすすめで音楽スクールに通う。

中3で上京、高校進学するが唄は全く売れず失意。

しかし夢捨てがたく性格も直すべく思い切って渋谷の路上で歌ってみる。

何年もそんな生活を続け、ついに夢だった渋谷公会堂でライブ。

そこそこ成功し有名になった今でも、事務所からの給料は生活できる

最低限でいいと申告し、残りの稼ぎで今もアフリカに学校を作っている。

どうです、こんな少女がいますか、他に(23歳だけんど)

応援したくなるでしょう、と言う前に雑念を取り払ってもやっぱり良い曲ばかりで

どれもこれも心の美しさを思い出させてくれるものばかり。

あの馬鹿げた「あいのり」というTV番組の主題曲を歌っていたから

聞きもしなかったが実際は・・・。

自分の卒業シーンを目をつむって思い出しながら聴いて見るべし。

泣ける?

« 反論 | トップページ | 珍現象 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

川嶋あい

聴きました

うるうる させられちゃったじゃないか

「花になるつぼみ」は

僕にもあるのだろうか

今日、福祉系の面接に行ってきた

はたして花になってくれるだろうか

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222831/48098752

この記事へのトラックバック一覧です: あぶないなぁ:

« 反論 | トップページ | 珍現象 »

最近のトラックバック

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ