« 百葉箱 | トップページ | 引っ越し1 »

放送事故

スゲータレ目。でも誇張でなく写実的だ。

昨夜仕事中にさるラジオ番組を聴いていた。

普段、コメンテーターを務める相方が夏休みで、この日は司会進行を一人で任されていた。

31歳のこの世界ではそろそろベテランの仲間入りするお年頃だから、当たり前と言えば

当たり前なのだが、その滑舌は実に心地よく、まず「噛む」事はない。

5~6歳先輩の外山絵理が「あらやだ、ぎゃははは」とおばさん言葉丸出しなのに比べ

恥じらいの中にもしっかりと自分の意見を持つ。初々しさすらある。

元NHKの大先輩アナや、大学教授、等を迎え「女子アナとは何か」というテーマを

(考えりゃ、どーでもいいテーマなのだが)真剣に歴史的観点も踏まえ論じていた。

さて、ゲストもみんな帰り、最後に自分の好きな曲をかけるコーナーも無難に

こなし、そしてエンディング。

「今日はわたし一人でお聞き苦しい点も多々あったと思いますが、最後まで

お付き合い頂きありがとうございました。台風の接近している地方の方、

くれぐれもご注意下さい。では今週はこれで失礼いたします。おやすみなさい」

・・・・・・・・・・・無音の静寂・・・・・・・・・・・

そこに奇声が!!

「あっ!!、1分間違えちゃいました、ごめんなさい」

周辺にディレクターやプロデューサーの笑い声が響く。

「私ってなんてドジなんだろう、残り1分をゼロと見間違えちゃいました。

あと1分ありました、どうしよう・・・ともかくですね、台風が接近しています。

先ほども言いましたがホントにお気を付け下さいね。ではこれでホントに

失礼します・・・(小声で)「ごめんなさい」

更に周辺に笑い声が充満して番組は終了。

おそらく終了後のスタジオでは爆笑の渦と、真っ赤になった彼女の姿があったに

違いない。大失敗したのに、その評価が下がることもあるまい。それが彼女の

人徳に違いない。だめなアナウンサーだな、と思った人もごく一部だけだろう。

万人から愛される人柄を持っているんだろうなぁ。

3夜連続ですが、実によく似ている冒頭の似顔絵。

竹内香苗アナ、ニュース探求ラジオDigにて放送事故を起こす、の顛末でした(笑)

これは2~3日もすればWikに載るじけんだな、笑い話で^^

« 百葉箱 | トップページ | 引っ越し1 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222831/49119261

この記事へのトラックバック一覧です: 放送事故:

« 百葉箱 | トップページ | 引っ越し1 »

最近のトラックバック

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ