« てんまさんは・・・ | トップページ | おまわりさん »

立川へ 1話完結

うちからすぐの所にモノレールの終点駅がある。

普通なら「なんで?」ってな場所、国道と都道との交差点にその終点駅がある。

なんら他の電車の駅がある訳でもなく、ただの住宅地の真上に突然というか

突拍子もなく、というか、とにかくそこが終点なのだから仕方がない^^

埼玉県人になってずいぶん経った頃、東京から西へ延びるJRにあって

吉祥寺よりも大きな街、立川辺りにモノレールが出来たのは知っていた。

ただ、それは立川を起点に、南西方向、多摩ニュータウンの方に出来ていたので

あまり利用頻度も高くなさそうだし、「そんなもんか」的存在だった。

うらやましくはあった。

モノレールが走ってるなんて近代的だなぁ、と。

耕さんの住む鎌倉(大船)地域にも湘南モノレールが走っていて、その存在は

垂涎の的的だった。だって珍しいもん。近代都市みたいだもん^^

お恥ずかしい話し、引っ越してくるまで、まさかそのモノレールの終点駅が

こんなに近所にあると、知らなかった。

上北台って駅、マニアでも地元民しか知らないでしょ?(同意を求めている)

http://www.tama-monorail.co.jp/station/kamikitadai.html

どうやら、全く未定の将来は横田基地のある福生や、そっち方面に伸延の

可能性があると聞いて、線路ぶった切りやみくも終点の妙がチト解ってきた。

で、だ。乗り鉄のボクが放っておくわけがない。今日、乗ってきた^^

車で5分ほどの上北台駅の下にある生協^^の駐車場、マックでもいいんだけど、

そこに車を無料放置し、「乗る」ために立川まで行った。

この多摩モノレールの偉いところは、一本の線路の上に自立している所だ。

なんで一本しかない線路の上に立っていられるか・・・それは・・・技術者に

聞いてくれ、わしは知らん。

耕さんの湘南モノレールは線路にぶら下がってるタイプ。まさにぶら下がって

いるんだから自立はしていない。当たり前だ。ぶら下がるんだから、線路は

一本でいいのだ。こちらは理論上簡単だわな^^

当然、いつまでも親にぶら下がって依存している放蕩息子より、危なっかしくても

ふらふらと自立している青年の方が世間受けはいい^^

以前書いたが、立川駅から北側、昭島、福生から多摩丘陵に至るまでの広大な敷地の

ほとんどは現在も残る米軍横田基地の何十倍もの面積で、今なお、話しを聞けば

なるほどと、うなる様相を呈している・・・場所が残っている。

ボクのすっかりお気に入りのイオンモール(ジャスコ)もホームセンターのジョイフル

本田も信じられないほどの広さだし(まじ凄いんだってば!)

立川駅の繁華街が終わったその向こう側のちょっと日本離れした近代的とも言える

発展は目を見張る。

裁判所や、自治大学、その他の官公庁が移転してきて近年出来上がった街は

「ここは日本か?」って感じ。自治大学ってなに?

今度写真撮ってくるからね。

まさに米軍去って街並み一変。跡地は「国営昭和の森記念公園」とかね、

なんで国営なんじゃい、と思うでしょ、ところがまだそんなのはいい方で、

未だにフェンスに囲まれて用途の決まっていない敷地が下手な市町村より広い

面積で雑木林の様に残ってたりね、そんな所もあるのです。

我が(もうかよ)多摩モノレールはその地域の、開発された場所を静かに

滑るように走っていきます。

普通の電車の高架より(下を都道が走ってるからだね)遙かに高い所を走るから

車窓風景はまさに絶景。

今ここに書いた地域がなるほどねと、一望出来るのね。

十数分で立川北駅、その次が立川南駅。JR立川駅の北口と南口に接してるから^^

今日は200円で行けた遠い方の南駅で下車。

いや、驚いた。

009

叔父が以前立川に住んでいた事は書いたが、その叔父の

家に行くために、南口で降りて、ロータリーの商店街を抜け

・・・え?ここどこ?

全く別の街に変貌を遂げておりました。

いやいやびつくり。

デジカメ電池切れで携帯です、これ。

もの凄い人、ビル、飲み屋、デパート^^

モノレール駅の真横のビルに「ラーメンスクエア」

って、今風のスポットを発見、20年ぶりの立川来訪記念に、この中の

博多ラーメンを賞味。いろんな賞を取ったとかご託が並べてあったけど、

本場博多の味から、やはり東京人が嫌う「臭み」を取った味。残念、はずれ。

10分で後にする。

008 ぶれぶれだけど、一番上が我が^^多摩モノレール。

ね、凄く高い場所にあるでしょ!!

おおむね、この高さをキープして町中も走ります。

ラーメンスクエア(笑)を出て2~3分歩いたら、

いいにおい。普段、こういう場所には入らないが

来訪記念だ、え~~ぃ!とばかりに「立ち飲み

焼鳥屋」に突入、生ビール一杯とかしら2本のみ

ものの10分で平らげ、(500円)観光も終わり。

やや高めの運賃200円ですぐさま帰路につきました。

途中駅に「立飛」って駅が。立川飛行場の名残です。

「砂川7番」って駅も。基地返還にまつわる様々な昭和史に興味をお持ちでしたら

ぜひ「砂川事件」をぐぐってみて下さい。沖縄問題に通ずる何かが見えてくるかもです。

ほんの数時間の我が町探訪の旅、なかなかたのしいじゃね~かあ。

すこ~し、心にゆとりが出来たかな^^

上北台終点をもしそのまま直進して、平均駅間隔で次の駅を作るとすれば、

そこは「多摩湖駅」でしょうかね、そんな位置関係です^^

伸延計画はこの駅で90度左カーブして新青梅街道の上を走らせるらしいですけど^^

次はまたジョージかな^^

« てんまさんは・・・ | トップページ | おまわりさん »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222831/50169642

この記事へのトラックバック一覧です: 立川へ 1話完結:

« てんまさんは・・・ | トップページ | おまわりさん »

最近のトラックバック

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ