« ほこら | トップページ | まち・・・ »

露天

 鬼畜米英に理不尽にも追い出されてしまったけれど、前職はつくづくボクには

適職だったなぁ・・・と思う。

雪景色を見ながら風呂に入っていると懐かしの光景が浮かんできた。

一年で季節を迎える事に、何らかの行事を欠かさず行っていた。

新人歓迎パーティ、海の家、紅葉ツアー、クリスマスパーティ、そしてスキーツアー。

ツアー関係は僅かな費用は徴収したが、ほとんどは会社持ち。っていったって大した

金額じゃない。時々に幹事を交代させ、企画から帰着まで全部そいつら・・・大体

大学生のお兄ちゃん^^に任せ、とにかく安くて旨くて大人数で楽しければOK!!

旅行関係はこちとらホントは腕に自信があるが、オーナーが出しゃばっては

意味が無い。だまってくっついていけば(車は出すが)年齢差も役職も一切関係なし、

全員がおばかな旅行団となって一致団結してアホをかますのだ。

万座温泉にスキーに行った時のこと。

今は知らないが、万座温泉ホテルの旧館、一泊お一人四千円!!豪華お食事付き、

みたいな感じ^^

部屋は雪に埋もれた何階建てかの1階か2階・・・窓は雪に埋もれて開かない(笑)

すきま風はヒューヒュー入ってくるし、満足できる程まで暖房も追いつかない。

さすがに従業員にクレームを付け、石油ストーブを2~3個持ってこさせた^^

外はまれにみる暴風雪の日でね、たしかリフトも半日営業でストップしちゃったんだ。

部屋は格安布団付き(男女雑魚寝)だが、風呂は各部屋もちろん共同で、

そのホテル(万座温泉ホテルだけど^^)自慢の露天風呂(男女別^^)。

その他にも効能別にいくつか内湯も並んでるんだけどね。

二万円で泊まってる人も四千円の人もご一緒に。

だけど、そんな天気じゃ誰も露天なんて入ってこない訳さ。

アホバカ旅行団は誰が決めたか、当社のしきたり「露天にカップ酒」を持って

全員露天に直行、貸し切りね、もう。

脱衣所氷点下5度、ひとたび外に出りゃもうおそらくは氷点下10度以下!

竹を編んだだけの仕切りの向こうでは当社のお姉ちゃん達も大歓声でギャぎゃー

大騒ぎ、こちらも訳の分からぬ大声発して一斉に湯に飛び込む。

んが・・・ぬるい・・・。

そらそうだよね、適温なんて視界1m程の豪雪極寒のなか、保てる訳がない。

みんなであごまでどっぷりと浸かり、早速カップ酒を飲み始める者、歌い出す者、

落語を話し出す者、寝る者、隣を覗こうとする者、様々にあそび出す。

そのうち、一人が「我慢大会しよう!」と言い出す。

ほとんど山の頂上みたいなロケーションのその露天の木製の縁に立ち、

何分じっとできるか競争することになった。

湯船に浸かっていてもじっとしてれば2分で髪の毛に真っ白に雪が積もってしまう

その中で・・・。

普通、男同士でも、その・・・何というか・・・恥ずかしい・・・軽くは隠したりするもん

なんですけどね・・・その時は全員が交代交代で見せびらかすがごとく、

両手は大きくYの字に広げ、足も肩幅に広げ、グリコのトレードマークみたいな

格好をして歯を食いしばるんだ。そして叫く「暑い~~~!!寒くない~~~!!」

最長記録でおそらく1~2分が優勝だったと思う^^

十数名のこちらの大騒ぎを聞いていた女子大生の当社、お姉ちゃん達が

何をやってるか向こうから聞いてきたらしく、自分たちも同じ事に挑戦するという。

こちらのもっともアホが、ポーズの指導もしたらしい^^

想像していたお兄ちゃんの一人が、マジで鼻血を出しやがった。

飲める人も飲めない人も、何飲んでるか解らないうちに一人2本のカップ酒も

無くなり、1時間は優に超えるひとときを終えて、全員風邪気味になった。

ボクの雪見露天風呂はいくつかの想い出があるが、これが一番強烈だなぁ^^

もう一度同じメンバーでやりたい物だわ。

これって、まだ何年か前の話だよ^^

みんな仕事は凄かった。社員もほとんどのアルバイト連中も、なんでそんなに

頑張れるの?ってくらい一生懸命だった。真面目だったよなぁ、みんなみんな。

きっと社会に出ても立派にやってるんだろうなぁ、あの連中は。

前職には、そういう得体の知れぬ魅力があったのも事実だ。こんなアホなオーナー

なのに、あんたいなくても自分らで運営してみせる、みたいなパワーに溢れていた。

先般、売り上げ5千億突破のニュースに触れ・・・さすが鬼畜米英、うまいこと

マニュアルを日本流に使いこなしてるもんだと、遠くから感心も。

社員全員が厭世観、無気力感に包まれ、役員はどこにいるかさえ解らない・・・

今って一体なんなのさ?

Mono_002さっき、ちょいとご近所を

走った時、出くわしたので

思わず運転席からめくら撮り。

多摩モノレール「高松町」駅

周辺・・・かな^^

隣が「立飛」

(たちひ)駅ね。

温泉とは違い^^ こちらは

数十年前まで米軍立川飛行場だった跡地・・・の隣接地。

昭和記念公園の横ですな。今度、その日本離れした近代的街並みの写真、

撮ってくるわ。ここらはまさに都会美なんだわさ。

ちなみにモノレールに2本線路があるって思った君、甘い。

多摩モノレールは複線なのさ。すれ違えるのよ(笑)

耕さん

とにかく「後ろを振り返れば野趣」で前を見ると都会美。^^ 前に野趣は全くないから

不思議やなぁ、と。

遅くなりましたが・・・。

そう言えば、「橋本」って何処?って、書いた翌々日くらいに質問されたんだっけ。

自分で調べろよ。そういう習慣つけろよ。解ったか?

Googleなら下手な百科事典より簡単に何でも調べられる世の中なんだぜっての。

特別にな。

JRの八王子駅から真上に、つまり南へだ、JR横浜線ってのが走ってる。

八王子から数駅目が「橋本」だ。

男子校で、部活オンリーだった稲さんが大学入ってアルバイト先で

一番最初に仲良くなった女の子の家があったところだ。

手も握ったことなく終わったがな・・・。なぜか家には行って飯をご馳走になった^^。

何でだったかは・・・覚えていない。

ちなみにその子との最初に交わした台詞「どこから来てるの?」

「神奈川」

「えっ?うっそ~~~」

妙にリアルに覚えてるなぁ。

神奈川から、吉祥寺って、何も知らないその時は呆気にとられてさ。

だから橋本は東京都である!と、個人的には未だにそう思ってる^^

決して相模原市ではないぞ!町田が神奈川なんだってばさ。

そう言えば・・・

万智ちゃんを、先生と呼ぶ子らがいて、神奈川県立橋本高校」(耕さん、あってる?)

こんな字あまりな短歌知ってますかぁ??

万葉集に出てくるこんな句で使われた、あの橋本がこの橋本だ(笑)

懐かしいなぁ(笑)

なんだっけ・・・

「この味がいいねと君が言ったから・・・忘れた・・・サラダ記念日」

「嫁さんになれよ、なんて缶チューハイ2本で言ってしまって良いの?」

調べるのは君にお任せだ。ボクはこれくらいしか覚えていない^^

古今和歌集は5,7,5,だの7,7,だのにこだわっては覚えられないよ(笑)

万葉集だった。

« ほこら | トップページ | まち・・・ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

俵万智。

懐かしいねえ。

稲さんは記憶力抜群、知っていてわざと伏字にする教育的配慮。

ところで、神奈川県差別は、愛情の裏返しとふんだ。

湘南も、横浜も、箱根も 神奈川県だかんねangry

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222831/50858029

この記事へのトラックバック一覧です: 露天:

« ほこら | トップページ | まち・・・ »

最近のトラックバック

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ