« 恥を上塗る | トップページ | ナセル »

恥を上塗る2

ここを書き終わって就寝し、翌日またかき出す前に読み返す。

するとあらら、ここにもあそこにもあっちにも、誤字脱字のオンパレード^^

書いてるときは完全無欠のつもりなんですがねぇ・・・。

ただ紙の原稿と違って用語の間違い以外はタイプミスと確認不足によるもの・・・。

見苦しいがご愛敬で^^

自民党国対委員長「逢沢」っての?

あいつはいいなぁ、言ってることが明瞭だし(中身が)聞こえ方も明瞭だし、

ファッションのセンスもモダン^^だし、髪型も素晴らしい。

相手の言う事に一切聞く耳を持たず、自分の言いたいことだけを強調し、

折れることがない。相手の喋ってる間の人を見下したような表情もたまらない。

民主の安住が「話し合いましょうよ、議論しましょうよ」といくら言っても

話題をはぐらかして、民主がいかに陳腐な政策しか持っていないかを

何度も何度も繰り返し、その一点だけで30分以上を押し通す。

久しぶりに見た芯の強い、「らしい」政治家だ。

もっともっと自民は彼を全面に押し出すべきだ。インパクトがある。

彼に喋らせておけば、司会者も怒り出すし、安住も禁句の戦後60年間の

腐敗した自民政治を口にしてしまうほどに本音を飛び出させてしまう。

素晴らしいキャラだ。一回の出演で現内閣支持率は1%ずつ上がっていくだろうし

自民支持層も一回ごとに5万人単位で自民が嫌いになる。間違いない。

冗談はさてさて^^

けさ、みのもんたが相撲の八百長事件に関してこんな事を。

国技だなんてやめて、単なる興業にするってのが前提で、

片方でプロレスやって、もう片方で相撲みたいのになっちゃう・・・と。

これさ、プロレスファン、怒らない?

放駒親方ってのも気の毒な方でさ、こんな時に理事長なんて不運だろうけど、

記者会見で謝罪時に見たことも聞いた事もない、天地がひっくり返ったってさ、

いくら言ったって説得力はゼロだよな。

長年、週刊文春と、週間現代が百の証拠を突きつけて世の中に訴えてるのに、

その時に記事は読んでなかったのかよって事になっちゃうでしょ。

色んな圧力や政治力でもってもみ消していた事実がやっと日の目を浴びたわけで、

今更天地ひっくり返りって、あんた、お笑いだよ。

お気の毒だが、国技「相撲」は日本の歴史上に刻まれればいいじゃない?

外国から見れば、所詮スモウレスラーなんだからさ。

「恵方巻き」って初めて知ったのは前職でヨーカ堂に2つめの店を出店したとき、

だから何年だ?2002か2003年、そのあたり。

けったいなもんを予約販売するなぁ、と。

皆さんは昔からしっとりまった、?しっとりましたかぇ?しっとりまんねん?

関西弁は難しい・・・。

少なくとも関東のボクはその件に関しましては知らなかったぜ!知らなかったじゃん。

だから・・・まだ、拙文の・・いやそれはボクの・・・

だからぁ、節分の行事^^ として認知して、まだ10年やそこらなんだねぇ。

文体が定まらない今日。

昨日の夜食はセブンの恵方巻き1本!!

なんかセブンが発祥って噂もあるけど、まぁ、南南東向かって食っときゃ、

いいこともあるんかいな、とおにぎり一個程度の五目寿司巻きを。

一個で満腹になるわきゃないんだが、ダイエット中に最適なのか、なんと

小サイズ一本260円ですぜ!!

年に一回だから、それもセブンだから許すが、いくら何でも商売しすぎだよね、

260円って設定・・・。確かに五目寿司っぽい豪華さではあるけどね、

120円のおにぎり2個でもまだおつりが来る。

日本人って、この手の販売には徹底的に弱いんだなぁ・・・。

縁起もんだし、ってな発想ね。

そんなこと百も知りつつ買って、なんだかなぁ、と思いながら胃袋入れても

福は「内」に来ませんかね^^

豆まきがすっかりすたれてしまいました。まきました?

中国、河北省が発祥とされる24節気の教え伝え。

だから日本の季節とは一致しない点も多々あって、独自に八十八夜とか

日本的用語を足して補完してあるのだが・・・。

先週のちょっと前、「大寒」これはうなずけるよね、最も言い当ててるようだけど、

それから2週間で「立春」ってのはどうよ?(笑)

今日は関東はぽかぽか陽気らしいが、たまたまでね^^ ああ、そろそろ

春めいてきたかなぁ、って思えるのはやっぱり3月の声聞いてからじゃないかな。

季節節月節(せつ)中(ちゅう)
一月 立春(315度、2月4日) 雨水(330度、2月19日)
二月 啓蟄(345度、3月6日) 春分(0度、3月21日)
三月 清明(15度、4月5日) 穀雨(30度、4月20日)
四月 立夏(45度、5月6日) 小満(60度、5月21日)
五月 芒種(75度、6月6日) 夏至(90度、6月21日)
六月 小暑(105度、7月7日) 大暑(120度、7月23日)
七月 立秋(135度、8月7日) 処暑(150度、8月23日)
八月 白露(165度、9月8日) 秋分(180度、9月23日)
九月 寒露(195度、10月8日) 霜降(210度、10月23日)
十月 立冬(225度、11月7日) 小雪(240度、11月22日)
十一月 大雪(255度、12月7日) 冬至(270度、12月22日)
十二月 小寒(285度、1月5日)

大寒(300度、1月20日)

まだまだ寒い日が続きますよ~お身体には充分お気を付けてねん^^

« 恥を上塗る | トップページ | ナセル »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

豆はまかずに、年齢+1の数だけ袋に入れて

身体じゅうに擦りつけて

厄落とし。

しません?_

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222831/50772488

この記事へのトラックバック一覧です: 恥を上塗る2:

« 恥を上塗る | トップページ | ナセル »

最近のトラックバック

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ