« 原発はいらない7 | トップページ | 原発はいらない9 »

原発はいらない8

 外出から帰ると、妻の明子が出迎えてくれ、娘のひとみが

「パパ、今日、ママと検診に行ってきたのよ」と、にこやかに微笑んで・・・。

そんな夢を見た。ここ一両日、会えないで、元の独り者に逆戻りしてしまって淋しい?

ACも新作のCMを作って、さすがにこれは引っ込めちゃったかな?

現地に行ってボランティアの一つもやらないで、僅かばかりの義援金を寄付して

呑気に批判ばかりしているのも気が引けて・・・何か他に出来ること、すべき事は

無いのだろうか、次第に増えてくる避難者達の生活映像を見ながら心を痛める。

簡単な遠隔装置の様な物で透明な箱の中の「プルトニウム」をいじくる映像が

昨日はさんざん流された。

小さじに一杯くらいの量をすくい上げているのだが、ちょっと待った!

その量で日本人全部の致死量なのに、と恐ろしくなった。

その装置の中には料理用のボウルみたいな入れ物に、なみなみと、茶褐色の

さらさらの粉末が入っている。ざっとみて、1kg位だろうか。

見世物なのか、何らかの実験用なのか、地獄の生成物を見せるには余りに

簡単な装置である。恐ろしさが伝わってこない。

核爆弾なら数個分は優に越えている。国際テロ組織がよだれを流しそうな映像でもある。

あんな透明な、まるでプラスティックの様な箱で放射線は防げているのか?疑問。

実際、その「遮蔽物」が無ければ人間など即死なのに。

東京の皇居の真上で、耳かき一杯分も振りまけば、東京の全人口は死滅する程の

強烈な放射線とその毒性。振りまく前にヘリ?の操縦士もテロリストも死んで、不可能

だろうけれど・・・。

そんな耳かき一杯の恐怖が、日本には現在、50トンあり、まだ増え続けているんですよ。

フクシマが稼働を始めた40年前には、アメリカの言うなりに買わされた、

ゼネラル・エレクトリック社製の原発。その時には40年も将来にはプルトニウム問題は

なんとか解決しているだろう、との根拠のない憶測があった。

30年前も同じように考えていた。25年前になって、これはやばいと言うことになった。

20年前には、もうこれは解決できない問題と認識された。でももう手遅れ、止めることは

出来なくなってしまっていた。いざとなれば地下300mに埋めちゃえばいい、となった。

ところが、埋める場所が無かった、さてどうしよう??これが現在の姿なのです。

僕らが反原発を唱え始めた頃、そんな大昔ではないですよ、つい数十年前、

廃棄物を海洋投棄する国もあったし、放射能と、発癌、白血病の因果関係すら

根拠がないと、科学者までもが否定していた時代です。信じられます?

広島、長崎の被爆者を目の前にして、堂々とそう言っていたのですから。

時代は確実に変わって、被爆の年間許容量まで示される環境になった今日なのに、

核管理の方法に関しては、なんの進歩も無いのです。

数日前に書きましたね?魔法の粉末をぱらぱらかけると、あら不思議、放射能が

消えちゃいました、ってな物質を将来の科学者が開発してくれるだろうと

思っていたのですね。それはひょっとして、今でもそう考えているかも知れない。

でなければ、今日も、明日も、数グラムずつ作り続けられないでしょ?普通の感覚なら。

所用で2~3日前実家に行って参りました。僕の部屋よりも10kmフクシマに近い、

同じ都内です。

今年86歳になるオヤジが、とても年齢に見えないかくしゃくとした老人なのですが、

フクシマは俺たちの世代が作った、申し訳ない、と言った。

高度成長をまさに自分らで支えてきた世代が謝っているのです。驚きました、

その感覚に。還暦も近い実兄は「菅を辞めさせろ、あいつはダメだ」を繰り返しています。

ビール券を沢山くれたから、だけの理由で読売新聞を購読しているくせに、

やけに反体制派^^ もともと労働組合上がりのオヤジは永年社会党支持なんですけど。

そんな家庭環境で育ったから、僕が反原発にのめり込んだのは必然だったんですがね。

しかし、恐ろしい量の放射線が建物の外部の穴で測定されてますね。

もうこれは半端じゃない数値ですよ、1000シーベルト以上、計器が振り切って

それ以上解らないってレベルらしいですから。

1000シーベルトなら、直接触れれば、半数の人間は死ぬという値ですからね。

予断を許さないどころか、ある意味手遅れ。

このままうまく終息したとしても、何十年も、ひょっとすると百年くらいは、要管理区域で

人間の立ち入りは厳禁でしょうね。日本にもウクライナみたいな地域が、

出来てしまいました。

原発は安全

原発は低コスト

原発は環境に優しい

全部、真っ赤な嘘です。政府、電力会社が莫大な広報費をかけて国民を洗脳した

内容です。

ねつ造された安全神話は簡単に化けの皮が剥がれました。

低コスト?とんでもない!8千億にも上る建設費に加え、迷惑料として地方に払う

交付金、運転の管理、廃棄物の処理費、廃炉にしようが、100年間はかかる後処理

にかかる費用と人件費、総合すれば、どこが低コスト?ってな内容です。

むしろ金食い虫以外の何物でもありません。

環境に優しい・・・これは虚しいですね、こうなると。

こうならなくても、ウラン発掘、精錬、工場建設、と、発電の工程以外は、全て

従来からのCO2を大量排出する作業で成り立っているんですよ。

そもそも、二酸化炭素が地球温暖化の原因とする理論そのものまで、実は国際的

利権によってねつ造されているとする学説すらあります。これは耕さんの記事を

待ちましょう。

嘘、嘘、嘘、嘘を一端言うとそれを正当化するためにまた嘘をつき、の典型例ですね。

不幸があって初めて気が付くというのも悲しい現実ですが、もう騙されないで下さいね、

一緒に脱原発に向かって力を合わせましょう。

東電社員

4号機のぉ・・・制御室にぃ・・・電気がぁ・・・点きましたぁ・・・あんた皇室の方?

報道カメラマンタレントの弟?実に不愉快、喋らせるな、こんな奴。

« 原発はいらない7 | トップページ | 原発はいらない9 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ダイヤモンド オン ラインの加藤祐子氏の記事より


冷静だけれども時に人間的なNHKの震災報道を頼りにしている1人として、ここ数日の放

送にひとつ、不満があります。

何かというとここ数日、「この報道の薄さはあまり良い印象を外国に与えないのではない

か」と懸念しているのです。それは福島第一原発の事態が収まっていないのに、テレビ

中継が手薄になってしまったこと。朝起きて「原発どうなった?」と真っ先にテレビをつけて

も、定時のニュースを待たなくては状況が分からないことに、不満を抱いています。これ

は、日本にニュース専門チャンネルがないことの問題でもあると思います(24時間ニュー

ス専門チャンネルの存在が米政治に与えてきた悪影響は十分承知しつつ)。民放各局が

通常番組に戻したのはもっと早くそうするべきだったとさえ思いますが、公共放送のNHK

くらいは、BSのいずれかのチャンネルを使うなりして、原発の実況映像をぶっ続けで放送

してもいいのではないでしょうか?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222831/51252061

この記事へのトラックバック一覧です: 原発はいらない8:

« 原発はいらない7 | トップページ | 原発はいらない9 »

最近のトラックバック

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ