« 続・原発はありがたい | トップページ | 続 原発はありがたい3の2 »

続続 原発はありがたい

 原発から30km離れた「屋内待機」の場所で測定された放射能値は

「6時間で一年に浴びても影響のない数値に達する」

だから、ここも、他も「ただちに健康に害を及ぼす物ではない」との発表。

酷いねぇ・・・屋内待機は6時間どころかこの先何日、何ヶ月になるか解らないのに。

この数なら1日で4年分、たった10日で40年分の放射能を浴びることになる。

これで健康に害が無いというのか、御用学者さんよ、あんた人体実験してみろ。

放射能の恐怖は、被爆後何十年にも及ぶ事ではないの?

あるいは染色体異常の子供が生まれたりする危険性だったりするのでは?

「ただちに」って、それは短絡的、無責任すぎるだろ。

これからどの放送局も、特にNHKは報道番組の冒頭に「大本営発表、7時の

ニュースをお伝えします」ってな始まり方をしなければダメだ。

もう明らかに東電も政府も報道規制に入っている。それが国民がパニックに

なるのを防ぐ目的であっても、嘘は嘘なのだ。ただそこから知らされる内容だけを

伝えるだけなら、大本営発表はその通りでしょう。

趣旨もはなはだ疑わしい。

自衛隊のヘリが上空90mから水を投下するという、2階から目薬作戦をやったが、

あれも完全防護服に身を包んで一瞬通り過ぎるだけ。

放射線量が多すぎて危険だからだそうだ。もうそのレベルの放射能が

ふわふわ風に乗って辺りに飛散してるって事でしょう。

警察が、デモ隊などを鎮圧するのに使う放水車まで持ち出したが、

なんとも情けなく、届かなかった、と。放射線が強くてそれ以上近づけなかったからだ。

それほど危険なレベルがもう周辺に漂ってるって証拠じゃん。

これでもまだ、報道番組のコメンテーターは表現方法を微妙に変えてはいるが

結局「安全でしょう」をまだまだ繰り返している。どこが安全なんだ!!

お国のタメに必死の自衛官、地域の安全に忠実な消防団、警察官、

みな、自分の被爆に恐れながらも必死にミッションに参加している。

無事と、成功をいのるばかりだ。

んが・・・東電の社員はこのミッション現場にはもういない!!

必死になってるのは原発マネーで頬を打たれた関連保安会社の末端の社員なんだ。

彼らの安全も祈りたい。

昨日の放水はなんだかんだ理由を付けて、3号機でしたよね、一番危険な状態

と言ってるが・・・実はプルトニウムを含んだこの炉の燃料の毒性が一番強い

からなのだよ。暴走して溶融したときのパワーも一番強烈だからなのですよ。

それでもこの3号機は「プルサーマル」と報道しない日本のメディア。

きっと、政府からの」「お願い文章」が届いているんでしょう。

「国民の不安を煽らないために、プルサーマルの事実には触れないで頂きたい」

署名は菅直人、とでもしてあるのかな?

ところが、残念でしたね、海外はおおむね3号機がプルサーマルであることを

とっくに報道して、注目して推移を見守っている。

ワシントンポストは「日本が核による破滅に一歩前進」とし、英ガーディアンは

「福島は既に害のあるレベル」と書いている。これだけではなく、放射線事故としては

今後チェルノブイリを越えるのは間違いがない-ABCテレビ

CNNに至ってはキャスターを派遣し、関連保安会社の人間が24時間体制で

健康を顧みずに働いているのはなぜ?なぜ50人しかいないの?と、訴えている。

その横で日本のメディアは御用学者の口を介して「放射線量は下がった」

「人体に影響はない」を繰り返す茶番を演じている。英訳してキャスターに伝わらないで

欲しい物だが・・・はずかしいだろう。隠蔽体質までさらしてしまう。願ったりだが。

彼らは技術系の学者が多いから、自分の研究を否定出来ないし、何より異を唱えたり

したら、学会からは干され研究費は貰えなくなり、講演も出来ないくなる。

これがホンネ、正体である。だから、大本営発表とやって、嘘で国民を鼓舞したごとく

戦時中と、またおなじことを繰り返そうとしている。

だが、そう、うまくは行かないよ・・・原発、放射能、そして今という時代では。

こいつらは万死に値すると昨日書いたが、いまのうちに本当のことを言った方が

長く科学者面できると思いますがね。

昨日はまた産経と日刊ゲンダイ^^

ところが、こういうときに結構実力を発揮してくれるのが日刊ゲンダイだったりする。

昨日買った18日号で、春田幹男氏が「福島原発を廃炉にせよ」の記事中、

3号機がプルトニウムを混ぜたMOX燃料を使っていること、毒素の度合いが違うこと、

これに言及していた、

今回の繰り返される原発報道で初めて、プルサーマルの危険性に触れた文章を

目にした。快挙である。胸のつかえの下りる痛快に御用学者も批判しているが、

多少長いので引用はしないが、政府から報道に関してのお願い、が届いていないのか?

届いていても無視するのか?こういう時はタブロイドの強みをいかんなく発揮してくれる。

Mox

春名幹男教授は原発に関しては

推進派でも反対派でもないと思われます。

たた、今起きている事象を海外メディアの

視線同様に見つめています。

結論は「廃炉にしろ」ですけどね。

繰り返すが、現場で危険を顧みず、職務でミッションを行う隊員、保安員の決死の

覚悟に頭が下がる。是非、最小被曝量で将来にわたって健康を害しないで

ミッションが終わることをお祈りします。

思いつきでころころ変わるミッションですが、危機管理やったことのない政府が

右往左往しているので、申し訳ない、許して下さい。

それと・・・「自衛隊は暴力装置だ」、と言ってのけた奴が、指令を出すように

なってしまいましたが、自衛隊の方々、腐らないで下さいね、このせーとー、

もう仙石しかいないんです、使えそうな奴。申し訳ない!!bearing

与野党問わず、各方面に最適の人材を配置する「復興内閣」

こんなもの作ったって良い状況なんではないだろうか?

残念だが、菅ちゃんには無理かも・・・。

« 続・原発はありがたい | トップページ | 続 原発はありがたい3の2 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ダイヤモンドラインの上杉隆氏の発言より


「計画停電」の必要性を煽っている民放テレビ局は同じような映像を24時間

放送し続けている。電力消費量の多い民放テレビ局は、同じような映像を繰

り返し流しながらも、誰一人「計画停電」を批判しようとしない。

 まさか電力会社という最大のスポンサーに遠慮しているとは言わせない。


一方で、今回、東京電力を批判し、速く正確な災害報道を行なったNHKだけ

が、BSと教育テレビの停止(節電)を決めている。

 逆ではないか。もっとも停波の必要なのは、朝から晩まで同じような地震発

生時の悲惨な津波の様子を流し続ける民放テレビ局ではないか。せめて「輪

番制」でも構わないから深夜の放送をやめたらどうだろうか?

テレビでは原発建設賛否など話題にもならないけれど、中部大学の武田邦彦教授がこんな真実を言っています。
http://www.youtube.com/watch?v=zI3cRg3Mgjc&feature=related

武田教授はさんまの番組には招かれても、いま専門家としてマスコミからは招かれません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222831/51148983

この記事へのトラックバック一覧です: 続続 原発はありがたい:

« 続・原発はありがたい | トップページ | 続 原発はありがたい3の2 »

最近のトラックバック

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ