« 原発をなくそう 2 | トップページ | 続・原発はいらない3 »

続・原発はいらない

 やはりタイトルを戻そう^^

仕事の休憩時間にラーメン屋に入った。別段旨くも何ともない店なのだが、

そこは新聞、雑誌がかなり揃っていて、小腹を満たしつつ、情報収集の出来る

貴重な場所でもあるから、しかたなく?週に一回は顔を出すことにしている。

昨日も麺をすすりつつ「週刊ポスト4/22号」を読み始めたら・・・むせてしまった。

冒頭の記事「過激な嘘が暴走する」、<真相レポート>「煽りメディア」の非科学・

無知は放置できない、との記述。

そしてちょっと読み進むと週刊現代をこき下ろしているのだ。

「週刊現代4/16号で、チェルノブイリでは放射線漏出は10日で止まったが

福島は2週間を越えた。しかもチェルノブイリより大きな炉が4つ同時に

放射線漏れを起こしている、と書いているが、チェルノブイリは炉心ごと爆発したので

問題となったのは放射線ではなく、放射性物質である。」

と、まぁ、こんな感じ。

週刊現代の記事をこの後も2ページ半位にわたって揚げ足取りをしているのだ。

「都内にいる人達は例え水道水を飲んでいなくても空気を吸っているから

内部被曝はすでに起きていると考えるべき」

これに対しては、なんら重大な事実は述べていない、と評する。

あれれ~。小学館、いつから体制側の雑誌に変わっちゃったの?と、心配に

なってしまった。冒頭から4ページを過ぎる辺りまでは、現代に限らず、事故報道

全般に難癖を付けているようにしか受け取れなかった。

現代もそうだから文句は言わないが、執筆者名無しでこの批判はないなぁ・・・

「直ちに人体に影響は&安全です」とまるで同類の味わいがして、破り捨てたく

なってしまいましたよ。どうしちゃったんでしょう、この部分。

5ページ目からはすっかり従来のポストに戻っているから安心したが、

そんなにこの2誌は仲が悪かったっけ?

僕はとりたててどっちのファンって訳では無かったけど、この冒頭の記述だけ見たら

ちょっとなぁ、400円近く出して買いたくないかも。

事故の重大さを伝えるよりも、放射線と放射性物質の言い間違えの方が重大だと

判断しているのなら、小学館も終わってしまうよ。

そうそう、プルトニウムを危険視するのも「煽り」だと決めつけていた。

誰が書いているのやら。

これだけ政府、東電、原発推進派、口を揃えて嘘ばかり並べて「安全安全」を

繰り返し、それが本当に「嘘」だと解った後なのだから、安全安心の反対の

危険、不安と書く事が「煽り」というのか、はっきり危険と言わない方が逆の

煽りだと思うが、いかがかしら。この記事読んだ方、いらっしゃいます?

ただね、途中からは原発を推進してきた政府を徹底的に批判し始めているから、

らしいと言えばらしいんだけど、それだったらライバルをこき下ろす記事から

入っては品格を落とすだけだと思いますけどね。来週号も是非、ラーメン屋で

読ませて頂きます。400円の価値判断はそれからと言う事で。

今回の天災・人災で日本の新聞、テレビがいかに当てにならないか、よく解ったと

気が付いた方が大勢いらっしゃる。毎日なにげに読んでいた政治関連の記事が

こんなにも恣意的というか、誣いている(相手を陥れるために事実ではないことを言う)

というか、言論、情報統制に使われているか、おわかりのはず。

だから僕は特定の新聞は購入せず、日替わり、気分で買うことにしているのだが、

こんな記者クラブに未だに雑誌やフリージャーナリストが入れない閉塞された

環境から、ろくな記事は生まれない時代なのだから、新聞社の記者の数倍も

走り回って、真実を追い求めている、雑誌社には使命感を持って頑張ってもらわないと

これはもう、戦時中の大本営発表となんら変わりなくなってしまうのです。

横一線とは申しません、各社独自の取材網で、我々に事実を伝え、利権にまみれた

巨悪にも戦いを挑んでいって頂きたい。

そしたら講談社も、小学館も、文藝春秋社も等しく読ませて頂きますから。

いまほど、週刊誌に使命が求められている時代も無いのです、頑張ってね^^

^^ は真剣味が足りない?(笑)

一昨日買った現代4/30号・・・ようやっと読み始められます。勿論購入したもの。

それはさておき・・・

森だの古賀だの自民党の古株の動きが怪しくないですか?

谷垣は民主との大連合に難色を示しましたが、どうもこの古狸連中が、

復興にかかる巨額の資金から派生する利権欲しさに暗躍を始めています。

よーくみなさん観察を。巨大公共事業の利権欲しさですぞ。中曽根まで口を挟むと?

おいおいおい、待ってくれ。

自民政権は1950年代後半から原発推進を国是とし、時の中曽根が仕切って

スタートしたんだったですね。与謝野はその時分、原発会社の社員だったのに

中曽根に連れられて秘書になり、議員にまでなった。

先日も会見で「原発が将来とも日本を支える最も重要なエネルギー源であることに

間違いはない」と言ってのける厚顔さ。

こんな連中がうじゃうじゃうごめき始めました。これは怖い!!国益でもなんでもない!

フクシマの動向と同時にこいつらにも監視の目を向けないと、利権欲しさに再度

より安全な原発を造るとか何とか言い出しそうで怖い。だって菅には反対する

信念も力も無いんですから。

正しい世論が必要な時期が来ました。

東電の清水も、勝又も退職金辞退してお辞めなさいね。よしんばもらっても

全額被災者に。

菅ちゃん!!!君もだ!!!

« 原発をなくそう 2 | トップページ | 続・原発はいらない3 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ダイヤモンドオンラインで高橋洋一氏は、次のように言及しています。

今年度12兆円の日銀引受を行っても、30兆円の償還があるので、それだけを見ると、今

年度末には18兆円日銀の保有国債残高が減少し、通貨膨張というより通貨減少してし

まうのだ。

 ということは、財務省・日銀の言い分をそのまま鵜呑みにしても、あと18兆円の日銀引

受は可能だ。日銀引受は禁じ手という財務省・日銀の「ご説明」を受けているだけの御用

学者、御用マスコミは、こうした数字の議論はできない。

 前回のこのコラムで書いたように、復興は新たな公共投資になるので、赤字公債では

なく建設公債の発行で行うのが、財政論の基本である。それを無視してまで、増税によ

る財源調達をいうのは、おかしい。

http://web.diamond.jp/rd/m1410013

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222831/51450538

この記事へのトラックバック一覧です: 続・原発はいらない:

« 原発をなくそう 2 | トップページ | 続・原発はいらない3 »

最近のトラックバック

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ