« 続・原発はいらない8 | トップページ | 続・原発はいらない10 »

続・原発はいらない9

<耕>

週刊朝日 室井佑月氏です。


 原発事故が大変なことだと国民にバレてから、

「放射能のことで騒ぐのは馬鹿」

 そういう刷り込みをしたい巨大な力が働いているように思えてならない。その流れに乗

る人もいる。

 けど、起こった事実は決してなくせないわけで、今、我々大人たちは、子供たちのため

に、これからできる最善のことをしていくべきじゃないか。

 例えば東北や関東の小学校・幼稚園では、雨を気にしたり、給食の野菜をいつもより丁

寧に洗ったり、その程度でもいい、やらないよりはやった方がいい。政治家もマスコミも教

師も、それぞれの現場で様々な良心が問われている。

稲、都合により少々お休み中につき、耕さん代筆中。

« 続・原発はいらない8 | トップページ | 続・原発はいらない10 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

世界5月号 鶴見俊輔氏です。


 今回の原子力事故に対して、日本人はどれほどの敗北感をもって対することができる

か。これは、日本文明の蹉跌だけではなく、世界文明の蹉跌につながるという想像力を、

日本の知識人はもつことができるか。原子炉をつくりはじめた初期のころ、武谷三男が、

こんなに狭い、地震の多い島国に、いくつも原子炉をつくってどうなるのか、と言ったことを

思い起こす。この人は、もういない。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222831/51530203

この記事へのトラックバック一覧です: 続・原発はいらない9:

« 続・原発はいらない8 | トップページ | 続・原発はいらない10 »

最近のトラックバック

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ