« 続・原発はいらない5 | トップページ | 続・原発はいらない7 »

続・原発はいらない6

 ダイヤモンドオンライン 今日は 香山リカ氏です。


長い休みを使って気を紛らわすことも必要

私たちは、すべての被災者を同一視し、勝手なイメージを作り上げていないでしょうか。そ

の像に基づいて「心は一つです」「東北がんばれ」と連呼する押しつけがましい支援にな

っていないでしょうか。

被災地の多くの人は「ありがたい」と口にします。とはいえ「がんばれといっても、これ以

上何をがんばればいいのかねぇ」とため息を漏らす人もいます。被災者にとってはピント

の外れた支援にも、感謝の言葉を並べなければならないのが現状なのです。

仙台に滞在しているとき、地元紙を読んでいたら、タレントのミッツ・マングローブさんの記

事が載っていました。内容は、彼女(彼?)が最近出したCDのプロモーションでした。ミッ

ツさんが寄せていたのは、こんなコメントだったと思います。

「昭和の歌謡曲でも聞いて、ひととき気を紛らせてください」

震災が起こってからというもの、アーティストは「この曲で勇気を与えたい。元気を受け取

ってほしい」と言うのが一般的になっています。ミッツさんの「気を紛らわしてください」とい

う言い方は、とても誠実だと思いました。そして、気を紛らわすというのはとても大事なこ

とだと改めて気づきました。


現実から目を背けることは悪だと思われがちですが、ひと時の現実逃避は自分をいたわ

るために必要です。むしろ、現実を何とかするためにも気を紛らわす時間が必要だと私は

思います。

世間は、間もなくゴールデンウィークを迎えます。

被災地の人たちはもちろんのこと、私たち被災地以外に住む人も、日々考え、情報に揺

さぶられることで疲れ切っています。

原発問題をはじめ、日本の社会のありようについては、超長期にわたって考え続けてい

かなければならない問題です。だからこそ、現実逃避をすることでこころを平静な状態に

戻すべきだと思います。

もちろん、震災のことを考え続ける人もいい。しかし、もしいまが辛い状況だと感じていた

ら、テレビやラジオやインターネットから離れて、震災のことを考えない日を作ってもいいと

私は思います。

ひとときだけでも気を紛らし、現実逃避をすることによって、再び現実に戻ったときにこれ

までと違った向き合い方ができるようになっているかもしれません。

http://web.diamond.jp/rd/m1418224

« 続・原発はいらない5 | トップページ | 続・原発はいらない7 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ダイヤモンドオンライン 上杉隆氏です。


「原発は安い、太陽光発電は高い」は本当か?被災地の復興をも視野に入れた孫正義

氏「自然エネルギー財団」の提言


〈【速報】 孫正義氏 @masason 新しいエネルギー創設のための財団設立(自然エネル

ギー財団)を発表。すべて個人資産で。先の復興支援寄付の100億円とは別に。被災地

には「東日本ソーラーベルト構想」〉


http://twitter.com/#!/uesugitakashi/status/60609850387865600


 孫氏は、先の震災の支援金100億円、ソフトバンクからの10億円とは別に、新たに私財

10億円を拠出して財団を設立し、そこで自然エネルギー発電のための政策提言などを行

うという。


「原発事故で多くの国民が不安を抱いている。安心、安全な自然エネルギーを日本にも

っと増やせるように、世界の科学者100人くらいの英知を集めたい」

代替エネルギーの可能性検証で

揺らぐ政府・東電の「原発必要論」

 この一ヶ月間、政府・東京電力から発表される情報のほとんどは「原発は必要」だとい

うプロパガンダに染まったものばかりだった。それは大手マスコミも同様だった。

 電気は不可欠、だが日本は資源が少ない。環境破壊は許されない。原発はクリーンで

安全。よって日本には原発が不可欠――。

 こうした「洗脳」は40年以上にもわたって日本全国に行き渡っていった。そして、政府・

東電は、今回の原発事故に際しても、「計画停電」という卑怯な手段で国民生活を脅かし

てまで原発の必要性を訴えた。それは本コラムで指摘したように、プロパガンダに過ぎな

い。

 だが、なによりそれを検証する力も、提示する代替案もメディアなどになかったのであ

る。私たち自由報道協会のフリーランス記者らが指摘するまでは――。

被災地復興をも視野に入れた

「東日本ソーラーベルト構想」


 孫氏は、同時にまた、津波による甚大な被害を受けた被災地への復興計画も用意して

いた。

 津波を受けた農地や壊滅した工場地帯の回復には相当の時間がかかる。そうした地

域に、太陽光や風力など自然エネルギー発電のための施設を建設して復興を目指すの

はどうか、孫氏はそう提案したのだ。

 福島原発三号炉の設計者で、自由報道協会でも共同インタビューを行なった上原春

男・元佐賀大学学長もこの提案を歓迎する。

「私の発明した海洋温度差発電、温泉水発電も活用できるかもしれない。私自身もまた

別の構想を持っている。アイディアを出し合っていくのはいいことだ」

 先週、上原氏と孫氏は都内で会談を行った。両氏をつなげたのは、民主党の中で以前

から自然エネルギーの問題に取り組んできた原口一博氏だ。

 エネルギーに関しては暗いニュースの続いたこの一ヶ月、ようやく希望の光が差し込ん

できたのかもしれない。

 会合にはその原口氏も姿をみせた。その目の前でさらに孫氏は、雇用創出も含めた壮

大な地域復興ビジョン、「東日本ソーラーベルト構想」を発表したのだ。

 その構想には、自然エネルギーで発電された電力の買い取り制度の拡充も含まれ、現

在のエネルギー政策へのリンクも考慮されている。

http://web.diamond.jp/rd/m1421170

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222831/51506764

この記事へのトラックバック一覧です: 続・原発はいらない6:

« 続・原発はいらない5 | トップページ | 続・原発はいらない7 »

最近のトラックバック

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ