« 続・原発はいらない20 | トップページ | 続・原発はいらない22 »

続・原発はいらない21

<耕>

ダイヤモンド オン ライン 広瀬隆氏です。


――これから発電設備を増強するとすれば、原子力発電に代わるエネルギーをどこに求

めるべきだとお考えですか?

 電力会社としては、LNG(液化天然ガス)火力発電所を増やすことです。エネルギー・環

境問題研究所代表の石井彰氏によれば、LNG火力は最短で数か月あれば設置できると

言います(「ガスエネルギー新聞」2011年4月6日)。電力会社は停電を口にする前に、最

もクリーンで、世界の発電のエースであるLNG火力を増設するべきです。

 LNG火力というのは、現在、ガスタービンと蒸気タービンを組み合わせた「ガス・コンバイ

ンドサイクル」として完成しています。この発電設備は、火力のなかで最もエネルギー効

率が高いのです。じつは原発のエネルギー効率は驚くほど低く、わずか30%です。電気

にならなかった残りの70%は、温排水として海を加熱して、自然破壊を進めています。一

方、従来型火力は45%まで、そしてガス・コンバインドの熱効率は実績で60%まで高ま

っています。

 しかも、この方式ではタービンでLNGを燃焼させた後に、何度も排熱を回収してエネル

ギーを発電機に送るため、熱効率は原発の2倍なのに、排熱量は2分の1に抑えられる。

ほかにも、天然ガスはクリーンで地球環境に最もやさしい、小型なので設置に場所をとら

ない、電源を入れてから1時間で起動できるので消費量の変化に追随できる、という数々

のメリットがあります。

 原発がなければ経済成長できないと考えるのは大きな誤りで、これがいま世界の趨勢

なのです。


 実際、日本の電力会社もこの設備の導入を進めており、2010年9月14日には、中部電

力が西名古屋火力発電所の石油火力を刷新してコンバインドサイクルを導入する方針を

打ち出しました。これによって、この発電所の出力は119万kWから220万kWへ100万kW

ほど高まることになります。このことからも、浜岡原発を延命させるよりもコンバインドを推

進したほうがはるかに効率的であることがわかるでしょう。

 東京ガスと大阪ガス、中部電力、独立行政法人の石油天然ガス・金属鉱物資源機構

(JOGMEC)の4社がこの5月9日に、三菱商事が進めるカナダのシェールガス(シェール

層から採取される天然ガス)事業に共同で参画すると発表したことは、その最先端の動

きです。アメリカの天然ガスは、今後ほとんどシェールガスに依存する計画ですから。


http://web.diamond.jp/rd/m1445459

« 続・原発はいらない20 | トップページ | 続・原発はいらない22 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

『女性セブン』5月26日号の記事です。

浜岡原発元設計士「耐震強度データに偽装があった」と告発

「技術者が不完全なものを造るわけにはいきません。しかもあれほど危険なものを平気で

造ることなんて…」

目に涙を浮かべてこう話すのは、千葉県在住の元エンジニア谷口雅春さん(69)。東芝の

子会社である「日本原子力事業」の技術者として、谷口さんは30年以上も昔、浜岡原子

力発電所2号機の設計に携わった。1970年ごろから神奈川県横浜市にある東芝の工場

に出向し、原子炉の炉内構造物の設計を担当。当時、建設中の浜岡原発2号機につい

ては「炉心支持構造物」という原子炉の中枢部分の設計にかかわり、耐震計算に必要な

重量データを集計していた。

“事件”が起きたのは1972年5月だった。数十人の設計者のうち代表3人だけで開かれた

会議に谷口さんも出席していた。そこで代表者のうちの1人がこう打ち明けたのだった。

「いろいろ計算したがダメだった。この数値では地震が来ると2号機はもたない」

担当者がダメだという最大の理由は岩盤だった。浜岡辺りでは200年周期でマグニチュ

ード8クラスの大地震が起きているため、岩盤が極めて脆かったという。

「浜岡の地盤はそもそも岩どころか、握りつぶすことのできる砂利の集まったシャーベット

のような状態でした。さらに、大地震による断層や亀裂ばかりでぐちゃぐちゃになっていた

んです」(谷口さん)

さらに原子炉建屋と核燃料集合体の「固有振動数」が、想定される地震の振動の周期に

近いことがわかった。固有振動数と同じだと揺れが何倍にも大きくなる「共振現象」を引き

起こし、地震のリスクが激増してしまう。

あまりにショッキングな報告に「建設中止もやむをえないか…」と思った谷口さんの目の

前で、先ほどの担当者がこう言った。

「データを偽装して、地震に耐えられることにする」

2号機は通産省(当時)に設置許可申請を出す直前だった。谷口さんが振り返る。

「担当者は“岩盤の強度を測定し直したら、福島原発並みに岩盤は強かったことにす

る”“固有振動数はアメリカのGE社が推奨する値を採用し、共振しないことにする”などと

次々と“対策”をあげていくんです」

堂々の“偽装宣言”を耳にした谷口さんは、良心の呵責に苛まれた。

「事故を起こしたら大変なことになるのは明白でした。技術者として、そんな危険な原発を

造るなんてできるわけがありません。悩んだ末、私が辞めることで何かしら警告になるの

ではないかと思い、会社を去ることにしたんです」(谷口さん)

上司に辞意を伝えて自分のデスクに戻ると、耐震計算の結果がはいった3冊のバインダ

ーがなくなっていた。

「隠ぺいが漏れないようにということからか、関連会社の仕事をいろいろ斡旋され慰留さ

れました。でも、続けていても飼い殺しになるだけ。きっぱり辞めることを決めました。しか

し残念ながら私の退社はまったく警告になることなく、彼らは原発建設を強行してしまっ

たんです」(谷口さん)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222831/51648284

この記事へのトラックバック一覧です: 続・原発はいらない21:

« 続・原発はいらない20 | トップページ | 続・原発はいらない22 »

最近のトラックバック

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ