« 続・原発はいらない15 | トップページ | 続・原発はいらない17 »

続原発はいらない16

<耕>

川島和正氏のメールマガジンです。


最近、テレビや新聞の内容が

震災前のように通常モードに戻りつつあります。


そして、地震や津波、そして原発事故が

少し昔の話のようになっています。


しかし、まだ安心しないほうが良いです。



なぜかというと、

福島第一原発1号機の原子炉圧力は日々上がり続けており、

また3号機の原子炉温度も上昇し続けているからです。


つまり、大きな事故が今のところないだけで

コントロールできているわけではないのです。

⇒ http://atmc.jp/plant/temperature/



また、5月2日には、細野豪志首相補佐官が

国民の安全より、パニック防止を優先したことを

記者会見で認めています。


そのため、今後も何か大事故が起こったとしても

またパニック防止のために情報規制が行われ

情報が入手しにくい状況が続くことが予想されます。

⇒ http://www.asahi.com/national/update/0504/TKY201105040273.html



さらに、自由民主党の村上誠一郎議員が、

独自調査で東京がかなり汚染されていることを報告しているのに

ほぼ全てのマスコミが無視している状況です。


つまり、自分で調べなければ、「安全」系の情報しか入らず、

「危険」系の情報が入らない可能性が高いため、

なかなか危険性を感じられません。

⇒ http://quasimoto.exblog.jp/14712505/



ですから、引き続き、

自分でアンテナを張り巡らせて、

情報収集を続けることをオススメします。


テレビと新聞を見ているだけでは、

大切な情報を見逃して、危険な目にあう確率が上がるので

くれぐれもお気を付けください。



なお、話は変わりますが、今回の原発事故処理は

フランスのアレバと、アメリカのGEが

中心となって行うようです。


そして、この2社に支払われるお金は

今後数十年で、数十兆円とも言われています。


このお金はもちろん税金などから支払われるので

国民1人あたり数十万円かかるというわけです。



このお金の流れをセッティングするのは

もちろん政財界のVIPなのですが、

彼らはもちろんアレバやGEなどに大感謝されます。


数十兆円ばらまけば、

「お礼」してもらえることもあるかもしれません。


そして、そのお金を負担する

大多数の国民はただ損するだけです。


結局、管直人首相周辺の政治家や東電の重役は得をして

大多数の人は損をするというのは、なんだか悲しい話ですね。



« 続・原発はいらない15 | トップページ | 続・原発はいらない17 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222831/51610123

この記事へのトラックバック一覧です: 続原発はいらない16:

« 続・原発はいらない15 | トップページ | 続・原発はいらない17 »

最近のトラックバック

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ