« 続・原発はいらない58 | トップページ | 続・原発はいらない60 »

続・原発はいらない59

 3月22日の記事から

政府が高速道路の平日上限金額を2千円にすると決めましたよね、細かい条件は

ともかくとして。あれを中止すると言い出しました。まだ実施にも至っていないのに。

理由は「復興財源捻出のため」ですって・・・。

割引をしなければ一千億円増収になるそうです。

増収って、まだやってないんですから、ただ、出し惜しみするだけでしょ。

今聞いた情報ですから、自分なりに熟考した訳ではありませんが、とっさに「逆だろ?」

と、思ってしまったんですがどうでしょう?

復興のための財源をどうするか?予算組み替えにするのか、臨時国債の発行に

するのか、もうとっくに方針の一つも打ち出していい時期なのに、なんら国民に

示していないくせに、そんな細かな、後で決めればいいじゃん、ってな小手先の

対策が先に出てくるってのは・・・僕は日刊ゲンダイとは無縁ですが、あまりに

無能、無策すぎるんじゃありませんか?

復興のためには何十兆円って必要なんですよ、それをどうするか、日本経済の

行く末がかかっているときに、一千億の高速料金が真っ先ですか。

コメント頂いたkellyさんじゃありませんが、笑い話ですよ。

次は子ども手当の中止とか、復興に名を借りた消費税のアップでしょうか。

情けない・・・。

それでも高速道路だって言うんなら、いっそ無料にした方が復興の為になりません?

これから何年も何年も、無用なレジャー消費や、無駄な移動は縮小しますよね、

経済の規模そのものが縮まるんですから。

だったら建築資材や物資や人を満載したトラック初めとする必要車両をただにして、

がんがん、高速道路利用してもらった方が経済の活性にはよほどいいと思いません?

実験と称して現在無料の区間も廃止の方向ですって。

貧弱、陳腐極まりない!!「復興」という旗を前面に押し出して、

「やっぱり出来なかった」マニフェストを全部引っ込めるチャンスと思ってるのか?>

これ、震災から僅か10日程度に書きました。勿論政府の談話を受けて。

先見の明があるかどうかはさておいて^^

本日20日から「土日休日千円」が廃止されて被災証明をもらった住民だけが、

現地付近の限られた高速が無料ですって。

これだっておかしいでしょう?違います??

土日休日千円で潤っていた、ちょい遠い、繁盛していた観光地はこれで閑古鳥必至。

国民はこぞって遠出を控え、更に自粛ムードは高まります。

実験と称して作ってしまった無駄な高速道路も有料になり、明らかに減収。

第一、被災地証明無しの車は無料にならないから、東京からボランティアを運ぶ

夜間高速バスも料金はそのまま。

挙げ句の果てに被災地証明がヤフーオークションで5千円で売り出される始末。

やはり、前言通り陳腐極まりない。

やるならいっそのこと、民主党マニフェスト通り、全ての高速を無料にしてしまえばいい。

これなら経済は活性化するし、被災地も助かる。一石二鳥。

目先の財源ばかりに囚われて、国家百年の計みたいなものがみじんも感じられません。

お気づきの方もいらっしゃるかと思いますが、そもそも高速道路は民間経営ですよ?

道路公団がNEXCOに変わってまぁ、東日本、中部もそれなりにサービスエリアの

ショッピングモール化なんかで努力もしている。

そんなことはお構いなしに民営化した政府が勝手にいじくり回して・・・。

なんなの一体。

これを書いた時点でもそうだったが、現在、2次補正すら決まっていないのに、

3次補正だの1.5時補正だの、一向に見えてこない政府の無能ぶり。

菅ちゃんを一刻も早く辞めさせろという世論は原因はここのいい加減さに尽きます。

高速千円で廃止になったフェリー会社もある。航空会社も打撃を受けた。

だが今、必要なのは復興のための車両と、経済活性のための一般車の無料も

僕は継続すべきだと・・・そう思う。財源をうんぬんしている場合では無いかと。

NEXCO東日本も中部も企業努力をし、経営の効率化も改善の方向にある。

いったん民営化していたくせに、そこを財源で論じるのはいかがなものか。

この問題、追求するだけ疑問が山積してくるのであります。

政府方針も3月の時点から変わってますでしょ?

他にも好きな奴が好き放題言ってるが、どれもこれも疑問だらけ。

消費税アップは最たるものね。

復興財源論を亜流で行うより、原発の終息を最優先すべし。

国家として撤退表明も、一刻も早く!!

« 続・原発はいらない58 | トップページ | 続・原発はいらない60 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

川島和正氏のメールマガジンです。


昨年8月に、福井県にある高速増殖炉「もんじゅ」で

装置の落下事故が起こりました。

そして、事故の後は、もう手が付けられなくて

放置するしかないと言われるほど深刻な状況になり、

復旧を担当していた課長は自殺してしまいました。



この「もんじゅ」の装置引き抜き作業について、

6月23日に行うことが

日本原子力研究開発機構により発表されました。

23日午前9時ごろには、本体引き抜き作業に着手して、

全体の作業終了は深夜になるとのことです。



そのため、もし引き抜き作業が失敗してしまったら、

放射性物質が放出されたり、爆発したりする可能性がありますので

23日はしっかり情報チェックしておくことをオススメします。

福島第一原発の事故の結果、

原発は絶対安全とは言えないことがわかりましたので、

楽観主義にならないようにお気を付けください。



なお、具体的に、どのように情報収集すべきかというと、

ツイッターのリアルタイム検索で

「もんじゅ」と検索し続けるのが良いと思います。

情報規制されない限り、周辺地域の放射線量の情報や

爆発した場合には爆発情報が掲載されるはずです。



また、もし爆発した際には、避難したほうが良いので、

もんじゅから300キロ圏内にお住まいの方は、

万が一に備えて避難準備しておくことをオススメします。

最悪の場合、福井にある原発全てに引火して

10基以上の原発が爆発するとも言われておりますので、

爆発しても大丈夫と思わないほうがいいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222831/51992205

この記事へのトラックバック一覧です: 続・原発はいらない59:

« 続・原発はいらない58 | トップページ | 続・原発はいらない60 »

最近のトラックバック

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ