« 続・原発はいらない68 | トップページ | 続・原発はいらない70 »

続・原発はいらない69

 もし、あなたが原発、若しくは関連施設で働いていて、原発廃止は即刻

失業を意味するとしたら・・・。

普段利用している公民館や町民体育館、年に2回くらい、余り名前も知らない

演歌歌手がやって来てコンサートを開く町民会館、それらが維持できなくなって

廃館の運命ですよと言われたら、甘んじて受け入れられるのか。

町の総収入の6割超が原発誘致金で成り立っている玄海原発。

点検中の炉を運転再開しなければこれら誘致金はストップされ、財政はずたずたになり、

ハウス栽培のみかん位しか産業と呼べる物もない過疎地では、それ以外の働き手も

仕事を求めて出て行かざるを得ない。

安全なんですか?と恐る恐る問えば、安全ですよと答える。

本当に安全ですかと問えば、本当に安全だと経産大臣が出てきて答える。

しかも国が責任持ちますから、とまで言う。

はるか北の地ではいまだに放射能をまき散らしているのにである。

住民の責任は問えるだろうか。

現地では住民集会などほとんど開かれることもなく、町議会議員の

圧倒的多数で賛成に決まったそうだ。

こんな事は解っていた。

カネだ。結局のところカネだ。札束で住民の頬を叩いて有無をも言わせない

やり方・・・これが日本の原発行政。

なにも玄海町に限らず、どこだって同じような物。

営業運転を開始した1970年代から高度成長期、ここらへんから世の中

おかしくなり出したのだろう。あ、誘致金ですが、皆さんが払ってる電気料金に

含まれています。念のため。

賛成を決定した町議会議員様達は、おそらくはそんなに愚者様ではないのだろう。

危険と隣り合わせの安全という言葉に責任を転嫁して、今、まさに欲しいカネの為に

本音を隠していらっしゃるのだと思いたい。

運転すれば生ずる高レベル廃棄物が将来の世代にどんな負の財産として残るのか、

きっとしっていらっしゃるのだとも思う。

今、潤沢に町にカネを持ってくれば、どうせ自分は長くないから、後のことは

知ったこっちゃ無いと思っていらっしゃるかもしれない。

復興もさることながら、原発を抱える過疎地域の原発に頼らない地域振興の方が

道は遠いのかと、悲しくなってくる。いったんばらまいて甘い汁を吸ってしまったら

これは麻薬と同じ。簡単に止めることはできないのだろう。

これが国策か。

菅はともすれば「脱原発」を旗印に国会を解散するかもしれない、との見方もある。

その反面、経産省は停止中のものの再稼働に躍起になっている。

こんな、あっちちょろちょろ、こっちちょろちょろの政治で何が出来るって言うのか。

そもそも海江田の「国が保証します」って発言、何が根拠なのか?

御用学者がまたぞろお出ましになって「安全」を吹聴したからなのか?

本当に安全なのか?

これ・・・あってはならない質問なのです。

こんな質問があるから安全ですという答えの選択肢が生ずる。嘘とカネ。

答えは明確なれど、原発は必要か否か、これがあえて言うなら存在する質問です。

昨日の玄海町長の記者会見を見て深く深く落ち込んでしまったのでした。

狂ってるとしか言えません・・・。

おまけに松本防災省の発言までニュースで見てしまい、更に落ち込み激しく・・・。

あいつ、何様?市中に跳梁跋扈するいわゆる自分が偉いと思ってる

「勘違いオヤジ」

菅ちゃんとは仲が良いらしいが、政治生命を即刻剥奪すべし!!

« 続・原発はいらない68 | トップページ | 続・原発はいらない70 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

川島和正氏のメールマガジンです。



話題に新鮮味が無くなったせいか、

多くのメディアでは放射能汚染について

以前ほど取り上げなくなりました。

一部の週刊誌やWEB媒体などが騒いでいるだけで、

マニアの趣味のようになってきています。



しかし、6月下旬には福島第一原発で小爆発が頻発し、

7月上旬には関東地方で再汚染が進んでいます。

3月下旬の爆発以来、

ここ数か月で最大の汚染が起こっているのです。



具体的には、まず東京の水道水で

7月2日に約2か月半ぶりに放射性物質が検出されました。

もし福島第一原発から何も放出されていなかったら、

このようなことは起こらないはずです。

また、7月に入ってから、ツイッターなどで

各地の放射線量の上昇が報告されており、

毎日新聞でも「群馬で空間放射線量が4月以来の上昇」

という記事が配信されています。



そのため、放射能問題は解決方向に向かっているわけではなく、

むしろ、この2か月を見ると悪い方向に向かっていますので、

引き続き情報収集を続けることをオススメします。

「放射能のことを考えるのはもう疲れた!」とか

「最近ニュースで見なくなったから大丈夫でしょ!」と思っていたら、

後悔することにつながりますので、くれぐれもお気を付けください。



なお、福島第一原発や放射能に関する話題は

ツイッターでも取り上げていますので、

もしよろしければツイッターもご覧ください。

なぜツイッターかというと、

他の人が書いた報告をそのまま掲載する機能があるからです。



★ 都の水道水から放射性セシウム ごく微量、約2か月半ぶり

⇒ http://www.j-cast.com/2011/07/06100672.html

★ 空間放射線量が4月以来の上昇/群馬

⇒ http://mainichi.jp/area/gunma/news/20110706ddlk10040538000c.html

★ 川島和正ツイッター

⇒ http://twitter.com/kawashima7777/

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222831/52125284

この記事へのトラックバック一覧です: 続・原発はいらない69:

« 続・原発はいらない68 | トップページ | 続・原発はいらない70 »

最近のトラックバック

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ