« 続・原発はいらない79 | トップページ | 続・原発はいらない81 »

続・原発はいらない80

<耕>

ダイヤモンドオンライン 8/4 上杉隆氏です。

国民栄誉賞のリークと同時に何が起きていたか

 政府が、なでしこジャパンへの国民栄誉賞検討のリークをはじめた8月1日、何が起きた

か考えてほしい。それは、世界中の科学者たちを震え上がらせる、とんでもないニュース

として、日本でも報じられている。

〈東京電力は1日、福島第1原発1、2号機の原子炉建屋の西側にある排気塔下部の配

管の表面付近で、計測器の測定限界に相当する事故後最高値の毎時10シーベルト(1

万ミリシーベルト)以上もの高い放射線量を計測したと発表した――(以下略)〉(毎日新

聞)。

新聞・テレビはこの恐ろしいニュースをこの日以降、十分に報じたとはいえない。10シー

ベルトという致死量を軽く上回る放射線検出の大ニュースは、国民栄誉賞という人体に何

の影響もないどうでもいいニュースに取ってかわってしまった。

 とくに民放テレビは、このニュースを朝から晩まで流しつづけ、政府のスピンに自ら協力

しているかのようである。

 3月、筆者は、測定器の不備による作業員への被曝の可能性を危惧して、その安全管

理と健康調査の是非を公開するよう、東京電力の記者会見で繰り返し質問した。

 当時、東京電力は1シーベルト以上の放射線を測る機器はないと断言し、2号炉外のピ

ット周辺で計測した作業員の健康調査の結果すら発表しようとしなかった。

 ところが、ふたを開けてみれば、10シーベルトである。しかも、きちんと測れる機器があ

るではないか。東京電力はまたしても記者会見でうそをついていたのである。

 3月以降、作業に携わった作業員はのべ何万人にも上る。その作業員の被曝の可能性

は否定できない。早急な検査が求められる。

 なにしろ10シーベルトを超える放射線が検出された場所の近くで、鉛などの防護服や

遮蔽壁などを使わず、彼らは普通に作業してきたのだ。

 しかも、3桁の作業員の行方がわからないという。いったい政府はその責任をどう取るつ

もりなのか。また、メディアはなぜ、この人類史上、類を見ない大ニュースを大きく扱わな

いのか。

 なでしこも世界一ならば、10シーベルト超の検出も世界一である。せめて同程度に報じ

て、国民に知らせるべきではないか。政府のスピンに甘んじて乗って、自らの仕事をサボ

っている場合じゃないのである。


« 続・原発はいらない79 | トップページ | 続・原発はいらない81 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

原発推進のPRに手を貸してきた文化人、芸能人、学者、政治家たちは、24歳の女優 

鈴木杏の実直な後悔の姿勢に見習うべきです。

シネマトゥデイ 8月5日(金)18時52分配信の記事です。

鈴木杏、ツイッターで脱原発宣言!廃棄処分のCM出演に「生まれて初めて後悔というも

のをしています」

 女優の鈴木杏が、自身のツイッターで堂々と脱原発発言をしたことが、ネット上で話題

になっている。

 鈴木は、5日の未明に「原発賠償支援法。なんですか? 責任逃れいらないです」とツ

イート。同法は、一部からは「東電救済法」とも呼ばれているもので、原発問題の渦中に

ある東京電力が破綻(はたん)しないように、国のお金、つまりは国民の税金で支援をす

るという法案だが、その不条理さに、24歳の彼女が怒りの声を上げた。このつぶやきをき

っかけに、鈴木は「正直なにをどうしたらいいのかはわからない。だけど、責任はちゃん

と。しっかり。持っていたい。できることは少ないかもしれないけれど、でも、思いは東北に

福島に。忘れることなんてできないよ」と率直に今の思いを伝えている。

 「私は東京に生まれて東京で育ちました。生まれた時には原発があってそれにあやか

って生きてきました」とツイートした鈴木は、2006年には原子力発電環境整備機構

「NUMO入門編」のテレビCMに出演した。だが、そのことについては「廃棄処分のCMもや

ったことがありました。今、生まれて初めて後悔というものをしています」と出演したことへ

の後悔の気持ちを吐露。「私は知らなすぎました。だから、だからこそ、馬鹿ながらに脱

原発、声をあげます」と自らの脱原発という立場を明らかにした。

 この一連の突然のツイートに、ファンからは心配の声が上がっているが、鈴木は「あたし

そんな簡単に潰れない。ありがとう」という力強い言葉を返しており、そのことからも彼女

の頑なな意思が感じられる。

 所属事務所の担当者は、この発言が鈴木自身のものであると認めた上で、「本人も二

十歳を過ぎているので、自分の判断でしたことだと思います」とコメントしている。

 かつて出演したCMを「後悔」と言い切った彼女の勇気は、計り知れない。鈴木の「声」

は、今後どのように広がっていくのだろうか。(編集部:森田真帆 / 福田麗)

どこからか圧力があったのでしょうか?

2011年8月6日(土)23時27分配信 日刊スポーツの記事です。

鈴木杏1日で脱原発翻意「深く反省…」

 脱原発をツイッターで宣言した女優鈴木杏(24)が6日、「冷静さに欠けるところがあ

り、感情的になってしまいました」とツイート、原発問題に関する激しいつぶやきは1日で

収束した。また、原子力発電環境整備機構のCMに出演したことを「後悔している」と書き

込んだことについては「お世話になった方々に対して、『後悔』という言葉を使ってしまった

こと、深く反省しています」。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222831/52402273

この記事へのトラックバック一覧です: 続・原発はいらない80:

« 続・原発はいらない79 | トップページ | 続・原発はいらない81 »

最近のトラックバック

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ