« お散歩 | トップページ | 取り急ぎ »

消費増税ラウンド1

 政治の世界に関心を持ってうん十年、かつてこれほど悔しい思いをした事があるか?

思えば八ッ場ダムの工事再開などちっさな出来事だったか・・・。

自分が支持している(していた)政党が事もあろうに歴史に名を残す愚策中の愚策を

閣議決定してしまうとは。

君はどう考えているか?

あまたの識者、政治学者が、デフレ激しき今、増税はあり得ないと進言しているのに

一切の忠告に耳をかさず馬鹿の一念、マヌケのずぼらさを持って己の理だけを通して

しまった。

何も知らぬ愚者の大衆をもってしても6割以上が反対していると言うのにだ。

あまりにも人を馬鹿にしていないか?

野田自身でさえ4年間は増税しない、と言っていたではないか。

増税の前にまず身を削って、と言っていたではないか。

国会議員の比例定数80削減もなんら進展していない、人件費2割カットも。

恥知らずとは思わないのか、嘘に嘘を重ねて。

省益を増大し、既得権を守りたい財務省の思惑通りに見事に踊らされ、

ついでに自分たち大企業の事しか頭にない庶民の敵、経団連を味方につけ、

記者クラブ参加メディアまでを操作し、卑劣な世論操作まで画策ときた。

読売新聞は社説ではっきり増税賛成を記事にした。

新人選手獲得に上限1億円までと決められていたはずの契約金も読売は

嘘をついて、自分勝手に10倍も、それ以上も払っていた読売巨人軍オーナーが

主筆にして名誉会長の企業らしい仕業ではあるが、ナベツネとヨネクラを並べてみれば

さて、明日の日本を見れずに逝くのはどちら様がお先か。

増税が不況に拍車を掛け、税収前年度割れといった簡単に想像できる事態に

なったとき、読売はなんと書くつもりか?

弱者に牙をむくという消費税、低所得者しかり、中小企業、町工場しかり、

命絶え絶えの庶民になんと言葉を掛けるおつもりか。

君、そこの君!

増税しないと日本も財政危機になる?ギリシャみたいに?

年金は破綻しそうだから増税してなんとかしないと?

少しでもそう思う部分がおありでしたら毒されてますな、新聞テレビに。

同じ構図で原発再開が進められようとしている。

財務省、経団連、新聞、テレビ。

したり顔したコメンテーターが何を語ろうが、真実を見極めようという、

悲しいかな、斜め目線を持ち合わせて下さいませね。

また時間があるときに書くけれど、一つ。

原発再開にはストレステスト→政治判断→地域の同意→最終政治判断

手順はこうなっていますよね?政治判断はたった4人の意見なの知ってます?

地域って・・・驚かないでよ、原発から半径10kmの事を指すんだそうで!!

官房長官が会見できっぱり言ってましたからね、聞き逃しませんよ。

つまり、大飯原発再開に隣接滋賀県の知事が反対しても、大阪府知事が

騒いでも(現実には関電の株を持っているので影響はあるが)基本的には、

原発マネーで頬を打ってきた大飯町の住民だけがOKと言えばお終いなのよ。

10km以内の範囲には反原発派はいないとみて、こう決めました!!とさ。

この事実一つ取っても、新聞テレビは報じないのが消費税と同じ構図であると。

最後の砦、小沢が残っているから細い糸、一本、民主党に繋がっていたが、

不肖、稲、きっぱり脱民主の人になりました。

今日から大手を振って支持政党無しの人であります。

« お散歩 | トップページ | 取り急ぎ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

『呪いの時代』 内田 樹 著 より

 「考えてみれば、大学の工学部の原子力工学科を出た人間の勤務先は大学か電力

会社しかない。それにその大学にしても委託研究費の大半を電力会社に負っている。

『危険なので原発を止めましょう』という意見で社会的合意が成った時ときに原子力工

学の専門家はまっさきに失職する。危険を警告することが自分の利益を損なう場合に、

学者たちが電力会社と自身の利益を損なう方向で安全性評価をするということは(ひと

りひとりの倫理性とはかかわりなく) 心理的に困難であることを私たちは勘定に入れて

おくべきだった。)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222831/54344453

この記事へのトラックバック一覧です: 消費増税ラウンド1:

« お散歩 | トップページ | 取り急ぎ »

最近のトラックバック

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ