« 問題 | トップページ | 問題2 »

発表!

 先の問題に関して、全国から二千通の回答が寄せられたが、厳正な抽選の結果、

あーちゃん、耕さんの二名を選ばせて頂き、評価します^^

耕さんは、まぁ、不正解(笑)くるっと回転するタイミングがない^^

あくまで足が下だってば。

その点、あーちゃんは「惜しい!!」引力ではなく^^ あえて重力がらみの

着目点に70点差し上げよう^^

正解は・・・ない(笑)

誰もそんな実験をしたわけでもなく、また、出来ないもんね^^

ただ、こんな馬鹿げた発想、思いつく暇人は結構多いようで、名だたる学者先生が

詳しく解説されてるサイトなんかもあったりするのだが、読んでいる内に

余計に訳が分からなくなってしまった。化学、物理、数学がらみなのね。

ボクの苦手三科目大集合だわ。

難しいことははしょって、概略だけ述べるならば・・・。

掘り進んでいくうちに、どんどん身体は何物かに押しつけられるように重くなっていく^^

まぁ、ここは我慢だな。

で、中心点で、けだるさは最高潮に達し、その先はどんどんスコップ裁きも

軽くなってくる。更に進むと、髪の毛は逆立ち体重の重さも感じなくなってしまう。

もうあと少し!なんて地点では固定されたロープにでも捕まっていないと、

上方に巨大なダイソン掃除機があるかのごとく、そちらに吸い寄せられてしまう。

掘った土は顔にがんがん当たりながら^^頭上へと飛んでいくんだ。

痛い痛い。

さぁ!!ブラジル人もびっくり!!

地面からスコップの頭が突然飛び出した!!

続いて人間の足が飛び出してきたからさぁ、大変。

なんだなんだと何人かが足をつかんで引きずり出そうとした瞬間!

ずるっとつかみかけた足が抜ける!!

掘っていたのは君だったっけ?

君はその瞬間、今まで掘り進んできた穴蔵に向かって猛スピードで

落ちていくことになる。いや上っていくことになる。

ブラジルに開けた穴ぼこから、日本で開けた穴まで、約一万三千キロを

わずか、42分で到達。

その時、、運良く日本側穴の縁にでも捕まって無事生還出来たら良かったのに、

運悪く縁周辺がもろくなっていていたとする。

今度は逆だ。足から一気にブラジルに向かって再度「落ちていく」

コップに入った水をくちばしでいつまでも反復しながらつっつくオモチャが

あるでしょう。あれと、同じだそうで、ほぼ半永久のごとくこれを繰り返し、

おなかも空いてきた頃、徐々に振幅も少なくなり、そしてついにあるとき、

まん中で静かに止まるんだと(笑)重力の中心地点ね^^

(半分から先は重力に逆らって加速の勢いで徐々にゆっくりになりながら)

あの永久運動にもにた鳥の原理、発電に使えないかしら?

現実的な話しをしても仕方のない理論で、あくまでも、ならばこういうことらしい。

だから「足から出る」

実際には南極から北極のような場所が望ましいらしい^^

でないと、地球の自転の影響で、真っ逆さまに落ちる時、すぅっと

落ちないで、壁にがんがん当たるそうだ。人間の身体は持つだろうか?

ってあったけど^^ そもそも最高時速15000kmオーバーってさ。

ちなみに音速は800km位。

これをアトラクションにしたら、ディズニーランドなんか大もうけ出来るなぁ。

でも、実際に研究は続けられているそうだ!!

恐ろしくもあり^^

じゃんじゃん。

*東京の真裏はアルゼンチンの沖合でした。水が・・・!!

東京に噴水は出来ないからね^^魚が飛び出すかもだけど。

« 問題 | トップページ | 問題2 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222831/55190855

この記事へのトラックバック一覧です: 発表!:

« 問題 | トップページ | 問題2 »

最近のトラックバック

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ