« 問題2 | トップページ | 問2 ・・・の補足^^ »

とんでもない!!

 黙っていられなかったので、書いておく。

2012年版防衛白書が政府から提出された。この中に以前から言われている

「中国の軍事力強化に懸念」という文言が今年も含まれた。まあ、当然か。

問題なのはこれを受けてのマスコミ反応。

1日付東京新聞の社説

「隣国である中国の軍事活動強化に対し領空を守る毅然とした態度を示すのは当然。

とはいえ、中国に合わせ自衛隊と米軍が軍事力を強化し続ければ際限のない

軍拡競争で地域情勢を逆に不安定化させる。中国に対し粘り強く説得する必要がある。

(一部略)

これに対して同じく1日読売新聞の社説

「米軍との防衛協力を強化し、海、空自衛隊の部隊配備や装備を充実させることが急務。

防衛費の10年連続減少にも歯止めを掛けるべきだ」

(一部略)

平和的話し合いを訴える東京新聞に対し読売は軍備費を増大させ、装備を充実せよ、

と訴える。

これが自称購買部数日本一を誇る新聞の論調。ナベツネ新聞社たるゆえんだ。

ボクのブログを見に来て下さっている方に、まさか軍事力強化論者はいないと思うが。

新聞は世論を誘導してしまう恐ろしくもある媒体であることも事実。

素直な国民が、そうだそうだ、中国を攻撃できる戦力をもっと持て!と・・・。

思い込まされないとも限らない。まるで第二次大戦前の(実際には知らないが)

戦争へと導いた新聞と同一ではないのか。

こんな新聞社は一刻も早く夕刊紙以下の存在にしないとダメだ。

« 問題2 | トップページ | 問2 ・・・の補足^^ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

 このところ、尖閣の国有化を推進したり、それを批判した在中国大使を

更迭の方向に持っていったり、オスプレイの配備は対中国牽制である

と公言したり、隣国をいたずらに刺激して何の効用があるのでしょうか?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222831/55326796

この記事へのトラックバック一覧です: とんでもない!!:

« 問題2 | トップページ | 問2 ・・・の補足^^ »

最近のトラックバック

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ