« 連立方程式 | トップページ | 正解らしき・・・ »

今日は国語の問題

 10/10東京新聞 私説<論説室から>原文まま

初めての同僚のこと

 入社してまもなく、愛知県の新聞専売所に一カ月余、住み込みで働いたことがある。記者として働くにも、配達現場を経験すべきだとする社の方針だった。朝から二百部以上を自転車に積み込んで街を走った。

 慣れない配達に四苦八苦している私を助けてくれたのは、シバタさんという中年の住み込み店員さん。ぶっきらぼうだったが、配達についてくれた。大雨の日に自転車を倒して半べそをかいていると、一緒にぬれた新聞を拾ってくれた。

 住み込みはシバタさんともう一人、二十歳くらいの寡黙な若者がいた。朝夕飯は三人一緒。だが、黙々と食べるだけ。ある日、シバタさんが夕飯に来ず、若者と二人になった。<どうしよう>。考えが浮かんだ。

 その日、配達先の農家から採れたてのキャベツを一個もらった。「卵を買ってくる。オムレツ作ったら、食べる?」。若者は驚いてうなずいた。見栄えは悪かったが、「うまい」と言って平らげてくれた。ちょっと工夫して食べることは心もほぐすものかと思った。若者はぽつぽつと自分のことを話してくれた。「中学卒業してから働いてる」

 それからも、若者と話すことはほとんどなかったが、私が新聞広告を挟むのをモタついていると、見かねて手伝ってくれたりした。シバタさんと若者。世間を知らなかった私が初めて出会った同僚のことは、二十年たった今もふとした時に胸をよぎる。(佐藤直子)

質問1

最初の下線で、シバタさんか夕飯に来ず~考えが浮かんだとあるが、どうしようと筆者が考えたのは何に対してか?また浮かんだ考えとは何を指すか?簡潔に論じなさい。

質問2

2番目の下線「ちょっと工夫して~」とあるが、何を工夫して食べたら誰の心がどのように変化したのか?

質問3

その後シバタさんはどうなったと想定するか?勝手に想像しなさい。

やっぱさぁ、この文章おかしいよ、ちょっと。要点をはしょりすぎだと思わない?(笑)

« 連立方程式 | トップページ | 正解らしき・・・ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

しばらくチェックしていない間に「言いたい放題」は、試験地獄と化していた

ようです。「耕さん」は降参です・・・・・(汗)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222831/55859419

この記事へのトラックバック一覧です: 今日は国語の問題:

« 連立方程式 | トップページ | 正解らしき・・・ »

最近のトラックバック

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ