« 茶番 | トップページ | 民意 »

反原発の根っこ

 日本が独立国家だと思っている平和な方へ。

違います。ご存じの通り、ここはアメリカの植民地です。

少し前、鳩山首相がアメリカと対等な関係、と、口にしたものだから少しだけ驚き、

淡い期待もしたが、あっさり、簡単に潰されてしまった。しょうがないやね。

しかも、この日本という、戦争で潰してしまった国、実に有りがたい場所にある。

地理的にこれ以上理想的な場所は世界広しといえど、二つと無いかもしれない。

東西冷戦後、アメリカ的民主主義、いや資本主義にあって、最高の脅威は

言うまでもなく中国。その防波堤、防潮堤のごとき存在だ。

日本人の多くの人の潜在意識の中に中国、朝鮮を蔑視する感覚がある。

いや、有るんだってば。無意識かも知れないが。

石原慎太郎なんぞが、つい先日まで「支那」と言ってはばからなかったように。

それと同様、アメリカ人の中に東洋人蔑視感はあるんですよ。悲しいかな。

善良な人民は口にしませんよ、当たり前ですが。しかしある物はある。

それを否定したければ、ボクの言うことに反論してみなさいっての。

ハワイでは島民の反対で飛行禁止になっているオスプレイがなぜ日本では

あれほどの反対論の中飛べるんですか?

日米地位協定という信じがたい治外法権取り決めのおかげで、米兵による

強姦事件や傷害事件が、なぜに日本国憲法において立件出来ないでいるんですか?

日米安全保障条約、これが全てですか?守ってもらうのだから、仕方がないと

思いますか?そうだとしたら、尚のことあなたはおめでたい。

今日、ここで述べておきたいことは、これらを前提としての原子力問題なんです。

民主党が重い腰をようやっと上げて、言質は替えてしまったけれど、

2030年代までに原発ゼロ方針を決め、閣議決定しようとしたら、アメリカから

「待った」がかかりました。え?なぜアメリカが?と、思った方もおおいはず。

ところがですね、この「待った」こそ植民地の植民地であるゆえんを証明してしまいました。

衆院解散を受けて民主党はまたしても懲りずに原発に関しては2030年代

という表現を入れてきましたが、それは政府方針でもなんでもなく、単なる「希望」

として、とりあえず入れておこうと。かの政党のマニフェストをよもや信じる方は

いないと思われますが、とりあえずです。

アメリカは先月、三十数年凍結していた新規原発4基の着工を発表しました。

信じられますか?フクシマいまだ終息せずのこの段階でです。

結論だけ述べておきましょうか。

悲しいかな・・・勤勉律儀器用な日本人。世界の原子力技術のほぼ全てを

最先端技術で持ってしまっているのです。

高速増殖炉「もんじゅ」 これの研究開発を推し進めようというのも、実は

アメリカの要望です。

こんな危険で恐ろしく費用もかかる技術、アメリカはおろか、原子力先端の

フランスやイギリスももう何年も前に撤退済み。世界で「もんじゅ」だけが

実験炉として来年にもまた動かし始めようとされています。

もし、日本でフクシマの二の舞になる深刻な事故が起こっても、アメリカ本国は

遠い彼方にあります。アジアの一部が汚染されようがアメリカ本土は深刻ではない。

これが日本政府に閣議決定させなかった大きな理由です。

つまり、日本はアメリカの実験施設の一部って訳ですね。

高速増殖炉も使用済み核燃料処理もみんな日本で実験させてしまえ、と。

韓国が自国の技術で新規計画しているようですが、申し訳ない、日本の

技術を転用しているだけのこと。ロシアを除けば、今後世界で稼働を計画されている

原発は、ほとんどメイドインジャパンなんです。

アメリカにはゼネラルモータースとウェスティンハウスという2大原発企業がありますが、

ご存じの通り?それぞれ、日立と東芝の合弁企業です。

リトアニアで国民投票になった話題の原発は三菱重工製。

ここで日本が原子力から撤退してしまうと、技術や研究で自国に莫大な費用が発生

してしまうから、どうしても日本には踏ん張ってもらいたいのでしょう。

日本製鋼という会社があります。ここの北海道室蘭製鋼所、ここだけで

世界の原子炉の80%以上のシェアです。

でっかいドーム型の原子炉格納容器、これを均一厚みの一枚板で作る技術は

他国に真似の出来ない程、精巧なものなのだそうです。

大いなる、内政干渉です。

GEとWH社の雇用問題もあるでしょう。それを押しつけようとしている急先鋒が

アメリカ。属国日本を操ろうとしています。

国内では「原子力ムラ」ばかりに注目が集まってしまっていますが、「ムラ」は単に

国内の技術者、電力会社だけが作っているのではないことをご理解下さい。

反原発を諦めろというのではないですよ、衆議院選挙を前にしたこの時期だから、

対アメリカへの姿勢も候補者や政党から読み取って欲しいということです。

憲法を改正(改悪)して、交戦権を認めようなどといった極右翼の政権が誕生して

しまう可能性も大いにありますが、これを食い止める手段をまだ我々は持っている、

この事を忘れてはなりません。

アメリカの属国を望みますか?

永世中立国家を宣言しますか?

選択しなければいけないとしたら、あなたはどちらでしょう?

ついでに一個いいですか?

シリアの内戦が激しくなってきました。連日一般市民を巻き込んでの交戦。

泣き叫び逃げ回る母親、子供。まさに惨状が繰り広げられています。

先日、日本人女性ジャーナリストが射殺されたのもこの内戦です。

アメリカやイスラエル、隣国」トルコ辺りはこぞって反アサド、反政権側に付いています。

国連も停戦勧告に乗り出しましたが、今ひとつ成果を上げるに至らず。

国際的な取り組み、つまり国連の取り組みが弱い!!

その隣国、トルコ、首都イスタンブール。

なんと、2020年オリンピック開催を東京と争っているんですね。

激戦地からイスタンブールまで1000kmと離れていません。

そんな危険な場所で開催出来ない?

いやいや、全世界の英知を結集して平和に導き、その象徴としての

オリンピックをトルコで開催しませんか??停戦、和平、その後は世界中のODA

でも寄付でも構わない、技術も労働者も世界中から派遣して、史上まれにみる

平和の祭典を開催しませんか??

オリンピック東京開催して欲しくない論者だから言うんじゃありませんよ。

日本にそんなスポーツ施設の公共投資は今、いらないから。

使うなら、フクシマへ、だから。どうです?実現不可能?

« 茶番 | トップページ | 民意 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

日本維新の会が、石原新党と合流するため、「反原発」の旗を降ろしてし

まいました。

その程度の重みしかなかったのですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222831/56138797

この記事へのトラックバック一覧です: 反原発の根っこ:

« 茶番 | トップページ | 民意 »

最近のトラックバック

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ