« 恐怖 | トップページ | 怒り!!!! »

恐怖

 シリア政府軍兵捕虜5~6人が裸にされ後ろ手に縛られ地面に突っ伏している

映像が流され、反政府軍リーダーとおぼしき人物がつかの間演説をたれる。

「我々は長年苦しめられてきた、今、何倍にもして返すときだ」

画面ブラックアウト、と同時に数発の銃声。

一瞬戻った映像には頭を打ち抜かれた捕虜の姿が。

放映する勇気もすごいが、かの国の内戦がこんなにも狂気を生む完全な

憎しみの戦争状態であることを見せつけさせられる。吐き気を催してしまった。

ロシア、イギリスの反対を押し切ってまもなくフランスアメリカによるく空爆が始まるのだろう。

狂気の死刑執行人は正義の人として生き延びる。

いいのか、これで。

日本政府は真っ先にアメリカを支持すると抜かしている。

アメリカ追随も程々にしないといつの日かしっぺ返しを食らうぞ。

無能な政権だ。

« 恐怖 | トップページ | 怒り!!!! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222831/58138901

この記事へのトラックバック一覧です: 恐怖:

« 恐怖 | トップページ | 怒り!!!! »

最近のトラックバック

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ