« 保険関連2 | トップページ | 中国を考える »

趣を変えて

今日はちょっとロマンティックに行きましょうか^^

ユーミンのだいぶ古い歌ですが「海を見ていた午後」って知ってますよね。

スローにスローにかすれた声で呟くように・・・。

♬ あなたを思い出す、この店に来るたび

坂を上って今日も一人来てしまった

山手のドルフィンは静かなレストラン

晴れた午後には遠く三浦岬も見える

ソーダ水の中を貨物船が通る

小さな泡も恋のように消えていった♬

と一番だけ。ウォーキング時に聴けるように久々アルバムを借りて聴いていたら

なんだかね、昔の記憶やら溢れて来てじわ~っと涙ぐんでしまいました^^

耕さんのおかげで(耕さんの住む湘南ではなくて)最近、三浦半島に

どっぷりと感情移入してしまっていたのでまさに目を閉じて景色を思い浮かべるので

あります。

最初に耕さんに「ドルフィン」は今でも存在するのか?って聞いたあたりから

雑念がちらほら稲さんの頭の中に浮かんできます。

いわく、集中力がありすぎ症候群と言うらしい^^

別名浮気性ともいうらしいが、それは否定しておきます。

「ドルフィン」はあるんだって。でも「山手じゃなくて根岸ね」(根岸線)

関東中南部のド平野で暮らしていると京浜東北も根岸線も横須賀線も

区別つかなくなってる自分が悲しい^^

僕は長らくこの歌のレストランは「港の見える丘公園」近くと勘違いしていました。

ってことは・・・関内よりあっちって事はぁ・・・。

う~~~んと顔をしかめて地図を思い出します。

と同時に今そこに自分がいると思いっきり妄想します。

ついてきてください、君も想像してみてください。

まずは聞きたい。

ソーダ水は何色だ??緑とか青が基本だろうが海と識別出来る色でなくては

ならない。う~~~ん。

ソーダ水はどんなグラスに入っているのだ??

貨物船が通るんだぜ?円錐形か?真ん丸か?

チェリーとかオレンジなんかが乗っかってたら貨物船の通行に支障があるが

その辺は大丈夫だろうか。

ウェイトレスさんが赤系のユニフォームだったら黒っぽく見えてしまうが

貨物船と一緒に通ったりしなかっただろうか?

う~~~ん。

僕は(妄想中の)どんな格好でグラスをのぞき込んでいるんだろうか?

山手・・・あ、山手は隣駅だから本当は根岸の、なんだろうけど、とは耕さん。

丘の上なのだから当然海を見下ろしているはずだけど、目の前のグラスの中を

通すのだったらこちらの視線も思いっきりグラスと同レベルまで落とさなくて

平気なのか?ぺったっとあごをテーブルにくっつけると具合は良さそうだが

あまり様にはならいよなぁ・・・。

う~~ん。

レストランの中でも窓際に面した一等席なんだろうが、そうすると本当に

正面遥か向うに霞んで見えているのは三浦半島なのだろうか?

正面なら房総半島の(東京湾が最も狭まる場所)富津(ふっつ)辺りが

見えて、三浦半島、観音崎を見ようとすれば、磨かれてピカピカの窓ガラスに

ピタッと鼻をくっつけて思いっきり右の方を向かないと不可能なはずだが

その辺はまぁ、あいまいにして、とりあえず三浦って響きの方が

歌になりやすかったって、安易に考えてはいないよね?

三浦半島の三崎漁港なら山の向こうで見えるはずないしぃ~~。

鼻が垂れてきてすすったりしてないよね?

う~~ん。

小さな泡が・・・っていっぱいいっぱい消えていくね・・・ソーダ水だもんね、

そんなに小さかったの?じゃあさ・・・え?もう聞きたくないって?

もっと想像しようよたくさんさぁ・・・2番も行きますか?え?イラン?

もう、夢のない人だなぁ。

ちっともロマンチックじゃない?

すみませんねぇ、現実追及派なもんで、だから青春ど真ん中で

この歌に出会っても、行ったことないっていうか、行ってくれる人

・・・いなかったなぁ・・・(-。-)y-゜゜゜

さぁみんな、もう一回聴こう、そして想像してみよう、ロマンチックに!!

鼻を窓に押し付けてずずっとさ。

 

« 保険関連2 | トップページ | 中国を考える »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222831/59685268

この記事へのトラックバック一覧です: 趣を変えて:

« 保険関連2 | トップページ | 中国を考える »

最近のトラックバック

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ