« 中国を考える | トップページ | イライラ!! »

猿でも笑う

 憲法改正は根強い反対があるから無理、ならば国民投票の賛成者の数を

変えてしまおうと目論んだ96条の改正も難しそう。ならば「自分が責任者」だと

独裁者顔負けの発言をして、憲法の解釈だけで集団的自衛権を行使出来るようにと

やっきになってるヒットラーもどきの勘違い野郎。

ただただ戦争が出来る国にしてしまいたくて仕方がない。

しかし細論の段階で無理矢理こじつけをしようとするからまか不思議な事も言い出す始末。

今日の朝刊ネタ。

「戦地で弾丸が切れた部隊に弾薬を提供するのは範囲からそれるから出来ない」

しかし・・・

「あと一ヶ月後に弾丸が切れそうな部隊に定期的に提供するのは構わない」

だそうである。

それこそこちらの適当な言い分であって、敵国からしてみたらどちらも一緒じゃ?

当然、弾薬積んでくる船舶、航空機、トラックは敵国の標的になりますよね?

こんな猿にも笑われる議論を高村や石破がまじめくさった顔で論じてると

笑いを通り越してぶん殴りたくなる。

たった一人の独裁者の思いつきだけで政治やられたらたまりません。

たまたま政権与党のトップの思いつきだけで日本の未来を決めるなど

もってのほか。くたばれ安倍。

猿に失礼だな、それ以下だ。

おまけに・・・安倍・・・政府専用機に乗りすぎ!!

G7に行くくらいなら民間機チャーターした方がやすくつくんだ。

やたらと乗ってない?不必要なアジア諸国訪問にまで。

« 中国を考える | トップページ | イライラ!! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222831/59758486

この記事へのトラックバック一覧です: 猿でも笑う:

« 中国を考える | トップページ | イライラ!! »

最近のトラックバック

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ