映画・テレビ

フィクション(映画2題)

いえいえ、新しい小説の始まりではありません^^

もしこんな題材を元にしたらという仮定の話です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2009年、ニューヨークのとある研究所にG20各国の首脳が秘密裏に

緊急召集された。地球的規模で進む異常気象、温暖化に関して

重大な発表がされるというのだ。

会議室は完全にセキュリティが張り巡らされ外部に内容が漏れる事もない

完全な秘密会議だ。

プレゼンターは日本の物理学学会から第一人者の吉田教授とアメリカからは

NASAのマーチン・ゴードン教授が勤めた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・中略・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「結論として、この太陽活動の異常活性化によって地上に降り注ぐ

ニュートリノがあたかも電子レンジのように地球内部の核を熱し、

このままでは大陸プレートの溶融が加速度的に進み、想像を絶する

大地震、火山噴火、大津波、降り注ぐ放射線によって人類の生存は

おそらく不可能となるでしょう。」

ここまで発表がされると会場からはため息とすすり泣きが聞こえた。

EUの代表が放心状態ながらも聞いた。

「それはいつ頃までに・・・」

「2012年には滅亡の時期を迎えるでしょう」

「オーマイガッ!!」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・更に中略・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

んで

ここからストーリーは二つに分かれる。

蜜柑さんに怒られるが^^ ネタバレお許し下さい。その程度にしか

感じられなかったので・・・^^

宇宙人がやってきて、人類から二人だけを選んで2001年宇宙の旅でみたような

巨大やまぎわシャンデリア号の様な宇宙船に乗せて去っていくという結末。

地球の消滅シーンのCGが凄いが・・・。

選ばれたのがなぜ主人公ニコラスケイジの息子ともう一人女の子なのかの

説明もなく不可解な終わり。

もう一つは中国がこの日のために秘密に作っていたとされる巨大な、

襲ってくる高さ1500mにも及ぶ津波にも耐えられるという船に

数千人(高いチケットを買えた富裕層と各国首脳のみ乗船できる)だけが

乗船し、滅亡後の海をさまようという結末。

前者が熱波で消滅する大都市を描くCGには目を見張り、後者は巨大津波が

エベレストの中腹まで飲み込んでしまう程のすさまじさで都市など跡形もなく

消えていくCGのすさまじさに目を見張る。

んでだ、何が言いたいかというと・・・

「太陽が異常に活発化し、フレアが放出され放射線が地球をだめにする」

というだけの発想から映画を作っちゃったってこと。

前者の映画は滅亡までのこじつけが変でつじつまが合わない。

後者は多少凝ってはみたが所詮船になぜか乗れた数千人?だけが助かり

60億人が死ぬ設定。

これならばね、タイムスリップの瞬間をCGで描き、20年前の世界で恋や、生活をし、

また20年後に帰り、その時に蒔いたネタで成功し、恋人と再会し結ばれる。

ってさ、誰かのストーリーを映画化した方が面白いんじゃないの?(笑)

と、思ってしまった。どよ?

前者は ノウイング

後者は 2012年

ま、CGの迫力と音響、ちょっとしたはらはらどきどきを楽しみたい向きはどぞ。

もう遅いってか・・・。

映画だ

なぜブログの更新をしなかったかと言う戸棚、いや、とだな・・・。

映画を観ていた。久々に。

TUTAYAのカードが更新時期だったので、ついでに前々から見たかったものを

2本だけ選んできた。

「硫黄島からの手紙」

「イルマーレ」

感想はまぁ、蜜柑さんに恥ずかしいいから、さておくが。。。

イルマーレだけはちょっと言わせてくれ。

これは韓国映画の「イルマーレ」リメイク版なんだな。

韓国版の本家はボクが韓国映画の中でも最もお奨めの一作なんだわ。

女優も今や知らぬ人はいない、チャン・ジヒョン様

猟奇的な彼女の、と言えば判るであろう。

アメリカ版はキアヌリーブスとサンドラブロック・・・

やめてよ、この組み合わせ・・・ずるいよ・・・。

ボクはサンドラブロックが大好きなんだ!!

当然、素顔のキアヌ様も好き・・・。

冷静に比較が出来ない。サンドラ様の表情観ているだけで満足~~!!

でもね、でもね・・・

それでもね・・・

ストーリーとしては本家の韓国版の方がずっと優れているからね・・・。

キアヌ、サンドラというゴールデンコンビもいいけどさぁ・・・

チャン・ジヒョン、イ・ジョンジュ、コンビもいいのだ。

韓国版はもう5回以上観ているが、次にどっちか観ろと言われたら

やっぱり本家本元かな。

サンドラブロックは飾っておきたい感じ。

と言うわけで、ちょっと現実逃避がしたくなったので、

久々映画に戻ったのでした。

また、はまるかも・・・。

最近のトラックバック

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ